新型コロナウイルスに対するテルモの取り組み

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に立ち向かう医療現場を支え、少しでも多くの患者さんが適切な医療を受けられるように、
テルモは、企業理念、コアバリューズ、BCPポリシーに基づき、次の3点を基本方針とし、事業活動を推進しています。

新型コロナウイルス感染症に対する基本方針

  1. 1.全てのアソシエイトの
    健康と安全を最優先にした
    対応を進めること
  2. 2.医療を止めないため、
    製品の安定供給に
    最大限努めること
  3. 3.テルモグループの力を結集して、
    当該ウイルスの感染防止と治療に
    積極的貢献を図ること

経営からのメッセージ

このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によりお亡くなりになられた皆さまにお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方々にも心よりお見舞い申し上げます。

テルモは、「全てのアソシエイト(社員)の健康と安全の確保」、「製品の安定供給」、「感染防止と治療への積極的貢献」という3つの基本方針を掲げながら、 COVID-19との闘いの最前線に立つ医療従事者の皆さまへの支援と、患者さんへのケアを継続することに、グループ全体で取り組み続けています。

テルモの設立発起人の一人である北里柴三郎博士は、伝染病予防と細菌学の研究に生涯をささげました。テルモには、そのDNAを引き継いで感染対策に尽力してきた100年の歴史があります。今回の世界的危機に際しては、長年にわたり医療現場の課題解決に取り組み続けてきた企業としての存在意義(Purpose)を強く感じるとともに、テルモの企業理念「医療を通じて社会に貢献する」の本当の意味を、改めて気付かされています。

ポストコロナの世界においても、引き続きテルモグループ全体で世界の健康と安全に貢献してまいります。

代表取締役社長CEO
佐藤 慎次郎

寄付・寄贈

テルモは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策への支援として、体温計や心肺補助システム(ECMOシステム)などの自社製品を医療機関に寄贈するとともに、「WHOのための新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」など複数の団体に対して寄付を実施してきました。これらの寄付・寄贈の金額は、合計240万米国ドルに及びます。

T
O
P