#01欧州の医療活動の一助に
―有資格者のアソシエイトによる医療ボランティア参加を支援

テルモには、医師や看護師の資格を持ちながらテルモに勤務し、その専門性を活かして医療機器の開発や普及、医療機関への適正使用の啓発などを行うアソシエイトがいます。また、臨床検査の技術者やソーシャルワーカーとしての経歴を有する者も在籍しています。彼らの多くは、世界的な脅威である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、自分たちが住む地域の医療機関もまた切迫していることを身近に感じ、自分にも何かできることはないかと、居ても立っても居られない気持ちになっていました。

テルモのグループ会社であるテルモヨーロッパ社では、このような臨床や医療のスキルを持つアソシエイトたちが自らできる最大限のことを行えるよう、医療現場でのボランティア活動を支援する取り組みを始めました。会社に申請すれば、有給でボランティア活動に参加できることにしたのです。この制度を活用し、ボランティア活動を通じて医療に貢献したいと願う声がヨーロッパ全域から挙がり、それぞれがさまざまな場所で活動に尽力しました。

ベルギーの高齢者施設で
臨時看護師として活動したアソシエイト

私は、看護師としてのバックグラウンドを活かしながらテルモのセールス担当者として勤務するなかで、ベルギーの医療機関が大変なプレッシャーにさらされていることを知り、家にいるのがつらくなってしまいました。そこで、ある高齢者施設のCOVID-19にかかわる複数の部署で、臨時看護師長として勤務することを決めました。
私が到着したときは、スタッフの大半が病気休暇中で、初日から大きな挑戦になることを覚悟しました。危機的な状況のなかでまず行ったのは、出会ったばかりの人々とチームを作り、体制を整えることです。テルモで培ったセールス担当者としての経験が、スタッフや入居者とコミュニケーションを取るうえで役立ったように思います。そして4週間ほどボランティアを続けた頃、ようやくこの施設に平穏が戻ってきました。

スペインの市民保護局で
ボランティアを行ったアソシエイト

市民保護局のボランティアメンバーとして、COVID-19に罹患した方のために薬を届けたり、高齢者のために買い物に行ったりするなどの支援を行いました。私がこの活動を始めた理由の一つは、一人暮らしをする私の母の近所には私の兄弟が住んでいて、幸いにも、彼らが母を支えることができたためです。同じような状況にありながら、家族の助けを得られない人たちがいることを知り、ボランティアに参加することを決意しました。

スペインの病院で
医療支援を行ったアソシエイト

私のボランティアとしての仕事は、血管カテーテル治療を待っている患者さんや、自宅で療養されている患者さんに電話をかけ、様子を聞き、治療開始までの待機期間に耐えられるだけの勇気を与えることでした。患者さんは皆、電話をかけてきてくれたことにとても感謝してくださいました。

テルモグループの共通の価値観であるコアバリューズの一つ、「Care(ケア)―患者さんへの想い」。その価値観を共有するアソシエイトが集うテルモでは、COVID-19が猛威を振るうなかでも自らできることを考え、行動しようとする支援の輪が広がっています。

T
O
P