文字サイズ


医療関係の皆様向け情報

印刷する

バイタル

電子体温計(予測・実測兼用)

救急医療での体温測定に20.0~45.0℃まで測れる体温計。

  • 救急医療現場からの“低体温が測れる体温計が欲しい”という声に応えて開発
  • 20.0~45.0℃まで広い測温範囲を有しているため、体温が極端に低温、高温となるような患者さんの体温が測定可能。(一般の体温計の検温範囲は32℃~42℃)
  • 一般の電子体温計と同じ形状なので、コンパクトで持ち運びしやすい。
  • 予測と実測を自動で切り替えて測定する為、平均約30秒~約2分30秒で測定可能。
  • 専用収納ケースから取り出すと自動的に電源がONになり、ケースに戻せばOFFとなるので、スイッチ操作は不要。
  • 救急現場での使用や清潔に使うことを考慮し、丸洗いできます。本体もケースもアルコール消毒OK。
  • 約10,000回の予測検温が可能。

商品に関するお問合せ先:0120-12-8195
(平日9:00~17:45)

ET-C206E

拡大

コード番号 共通商品コード(JAN) 希望小売価格(税別)
ET-C206E 4987350418135 \12,000

テルモ電子体温計C206 仕様

品名 テルモ電子体温計C206
型式 C206
検温方式 予測式(予測検温、実測検温併用)
温度検出:サーミスタ
検温部位 腋下
検温範囲 20.0~45.0℃
※20.0~29.9℃、43.1~45.0℃では、  (ワイドレンジ)マークが点灯します。
検温時間 ・平均約30秒(おおよそ25~40秒、予測温)
(腋下の温度が30.0~42.0℃で予測演算が成立した場合)
・約2分30秒または測温部の温度変化がわずかとなった場合のいずれか早い時間
(腋下の温度が20.0~29.9℃および42.1~45.0℃の場合、または30.0~42.0℃であって予測演算が成立しなかった場合)
・約10分(予測温表示後も継続して検温した場合)
温度精度 ・30.0~43.0℃:±0.1℃
・28.0~29.9℃および43.1~45.0℃:±0.2℃
・20.0~27.9℃:±0.4℃(恒温水槽を用いて約1分間測定したときの表示温度の標準温度計に対する誤差)
表示方式 液晶表示素子による3桁デジタル表示(最小表示単位:0.1℃)
電源電圧 DC3.0V(アルカリマンガン電池2個)
消費電力 検温時 約0.3mW
電撃保護 内部電源機器 BF形装着部
EMC規格 IEC 60601-1-2:2004に適合
使用条件 5~40℃(周囲温度。ただし結露なきこと)
保管条件 -10~50℃(ただし結露なきこと)
外観寸法 129(長さ)×17.6(幅)×12.6(厚さ)mm
質量 約13g
付属品 収納ケース(電源ON/OFF機能付)、添付文書、取扱説明書/品質保証書

一般的名称:電子体温計 販売名:テルモ電子体温計C206 医療機器承認番号:22300BZX00185

製造販売業者:テルモ株式会社
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷2-44-1


ページ上部へ