テルモ、自家細胞分離・調製システム「スマートプレップ」を日本で発売 患者さん自身の血液や骨髄液で、細胞治療に寄与

2020年11月16日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、このたび、細胞治療に用いる自家細胞分離・調製システムの「スマートプレップ*」を全国の医療機関向けに発売しました。2021年度には、1,000キットの販売を目指します。

 スマートプレップは、遠心分離機と単回使用の回路キットで、患者さんから採取した血液成分などを分離・濃縮するシステムです。多血小板血漿用(PRP)と濃縮骨髄液用(BMAC)の2種類のキットを使い分けることで、1台の遠心分離機で治療目的に基づき血液成分の分離や骨髄液の濃縮を行うことが可能です。感染リスクに配慮した閉鎖系システムになっていて、一連の操作は全自動、14分で完了します。

 血液には、身体の組織修復や治癒に関連する成分が含まれています。近年、患者さん自身の血液(自家細胞)を用いて、治療に生かす医療技術が裾野を広げています。対象となる分野は整形外科治療、不妊治療、手術後の感染予防など多岐にわたります。例えば、変形性膝関節症ではPRPを膝関節内に注射する治療が行われており、スマートプレップはPRPの調製に用いられます。

 なお、PRPやBMACを用いた治療は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」で定められた治療計画を厚生労働大臣に提出し、認定された医療機関が、その計画の範囲内でのみ実施できます。

 テルモは、これからも価値ある製品を医療現場に届け、患者さんのより良い未来の実現を目指します。

  • 20201116-1.jpg

    スマートプレップ(遠心分離機)

  • 20201116-2.jpg

    スマートプレップPRPキット

  • *

    スマートプレップは、テルモの米国子会社であるTerumo BCT, Inc.(コロラド州)の製品です。

製品概要

遠心分離機

一般的名称:供血用遠心機

販売名:スマートプレップ

医療機器届出番号:13B1X10055000001



PRP調製キット

一般的名称:血液成分分離キット

販売名:スマートプレップPRP

医療機器承認番号:30200BZX00216000



BMAC調製キット

一般的名称:血液成分分離キット

販売名:スマートプレップBMAC

医療機器承認番号:30200BZX00215000

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P