テルモ、通信機能付き測定機器シリーズ「HRジョイント」の製品拡充 医療現場の「働き方改革」に貢献

2020年4月23日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、通信機能付き測定機器シリーズ「HRジョイント」に対応する製品のラインアップを強化します。512日に2つの製品を発売し、医療現場での安全と効率化に貢献します。

 このたび新たに発売する製品は、血中酸素飽和度を測定する「テルモパルスオキシメータA ファインパルス SP2」と「テルモ電子体温計C217」です。

 ファインパルス SP2は、形状の工夫により安定した測定をサポートし、指周りが小さい小児の患者さんにも測定できるようにしました。さらに、液晶表示部分はより傷つきにくく、薬剤耐久性などの改善がほどこされ使いやすさも向上しました。テルモ電子体温計C217は、医療機関における感染管理のしやすさをコンセプトに収納ケースを清拭しやすいオープン形式のものに刷新し、使用できる消毒薬を拡充しています。

 それぞれの機器には非接触型の通信機能が搭載されており、患者さんを測定した機器をNFC*リーダにかざすと、データが電子カルテに転送されます。テルモは「HRジョイント」の名称で、このような通信機能付きの製品を2013年から展開し、その対応機種には血圧計や血糖測定器なども含まれます。電子カルテにバイタルデータが転送されることにより、入力作業の効率化や未入力・誤入力のリスク低減、タイムリーなデータ共有の実現につながります。

 医療現場では、患者さんの状態を把握するために重要なバイタルデータの記録業務が、量と質の両面で大きな課題となっています。また、近年医療においても人手不足が問題になっています。HRジョイント対応タイプの品種拡大を通じて、医療の「働き方改革」に貢献してまいります。

*NFCは非接触通信の国際規格Near Field Communicationの略称です。

  • 20200423-1.jpg

    機器を端末にかざして測定値を読み取るイメージ図

各製品の概要

販売名

テルモパルスオキシメータA ファインパルス SP2

テルモ電子体温計C217

一般的名称 パルスオキシメータ 電子体温計
医療機器認証番号 301AFBZX00067 302AABZX00004

希望小売価格

(税別)

53,000 3,750

  • 20200423-2.jpg

    テルモパルスオキシメータA ファインパルス SP2

  • 20200423.png

    テルモ電子体温計C217と収納ケース

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P