テルモ、「テルフュージョン シリンジポンプ38型」発売 視認性、感染対策、重さなどを改良し、さらに安全と使いやすさを追求

2020年8月31日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、薬剤投与に使用する「テルフュージョン シリンジポンプ38型」を8月31日に発売しました。本製品は、視認性向上のために大きなカラー液晶画面を追加するなど、医療現場の安全性や作業効率向上のための工夫が施されています。2020年度に、4,000台の販売を目指します。

 シリンジポンプとは、シリンジ(注射器)内の薬剤を設定した速度で持続的に患者さんの静脈内などに投与する医療機器です。このたびの新製品は、流量設定の方法やボタン配置など、従来の使い勝手の良さを変えることなく、さまざまな機能を拡充しました。
 操作説明や警報表示をわかりやすく伝えるため、タッチパネル式のカラー液晶を備えています。また、本体デザインの凹凸を減らすとともに、エタノールでも消毒可能にすることで、感染対策にも配慮しました。重さは1.8kgと従来品から500g軽量化*1、動作履歴を確認しやすい無線通信機能*2の追加など、医療従事者にとっての使い勝手も追求しています。

 シリンジポンプは、全身麻酔薬や循環作動薬など厳密に管理する薬剤の投与時に主に使用されるため、慎重な取り扱いが求められる医療機器でありながら、さまざまな医療現場で、多くの医療従事者が操作します。
 テルモは、より安全で効率的な操作が行えるよう、1983年にシリンジポンプを発売して以来、40年近く、改善・改良を重ねてきました。今後も、安全と安心の医療につながる製品の提供に努めてまいります。

  • テルフュージョン シリンジポンプ38型

  • シリンジセットガイダンス画面例

  • *1

    従来品のテルフュージョンシリンジポンプ35型とポールクランプを含む重さで比較

  • *2

    非接触の近距離無線の国際規格NFC(Near Field Communication)

製品概要

一般的名称 注射筒輸液ポンプ
販売名 テルフュージョンシリンジポンプ38型
医療機器承認番号 30100BZX00234000
製品コード

TE-381...投与単位切換機能なし

TE-382...投与単位切換機能あり

希望小売価格(税別)

360,000円(TE-381)

400,000円(TE-382)

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P