テルモ、ワイヤレス超音波診断装置「ポータサウンド」を発売

2020年12月 7日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、本日12月7日、持ち運び可能なワイヤレス超音波診断装置(エコー装置)「ポータサウンド」(製造販売業者:上田日本無線株式会社*1)を、全国の医療機関に向けて発売しました。

 ポータサウンドは、プローブとタブレット表示器で構成されるシンプルなエコー装置です。超音波の送受信を行うプローブからのWi-Fi無線通信*2を受け、タブレット表示器が体内の映像を映し出します。
 また、タブレット表示器に「iPad mini」*3を採用することで、持ち運びやすさと見やすさを両立、さらに、約20秒の短い起動時間*4、カラーモードなど使い勝手の良さを目指した設計になっています。

 テルモは、中心静脈カテーテルや留置針など医療機関で使う製品と、それらの適正使用を伝える医療トレーニングを提供してきました。
 このたび、持ち運びやすさと使い勝手を備えたポータサウンドを販売することで、医療の安全性と効率性へのさらなる貢献を目指します。

  • プローブとタブレット表示器

  • カラーモード画像イメージ

  • *1

    上田日本無線株式会社は、日清紡ホールディングス株式会社の連結子会社です。

  • *2

    有線通信も可能です。

  • *3

    iPad miniは米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。

  • *4

    プローブ電源OFF・タブレットスリープ状態から、プローブ電源ON・タブレットスリープ解除、アプリ立ち上げを経て、Bモード画面が表示されるまでの時間です。

製品概要

一般的名称 汎用超音波画像診断装置
販売名 ポータサウンド
医療機器認証番号 302AIBZX00008
希望小売価格 110万円(税別)
製造販売業者 上田日本無線株式会社

テルモ概要

 テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という理念を掲げ、約100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカーです。世界160以上の国と地域で事業を展開し、25,000人以上のアソシエイト(社員)が革新的なソリューションを届けるために日々働いています。
 国産体温計の製造に始まり、設立以来、医療の基盤を支え続けてきました。現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供しています。
 テルモは、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指します。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P