血液システムカンパニー
テルモBCT

患者さんのより良い生活と命のために
血液と細胞治療の可能性を追求します

血液システムカンパニー テルモBCT

血液システム事業は、血液センターにおいてドナーから提供された血液を輸血に使用できるよう分離・製剤化するための装置や、医療機関において病気を抱える患者さんのための細胞治療やアフェレシス治療の為に、血液成分を分離・採取または除去することができる装置、さらには、研究機関におけるバイオテックや細胞処理などに使用する機器などを、広範にわたり提供しています。テルモの3つのカンパニーのひとつの柱でもある血液システム事業は、米国の子会社テルモBCT社*が担っており、世界で130以上の国と地域で患者さんの命と生活、そして、血液・細胞に関連する医療現場に貢献しています。

テルモBCTは、医療現場のお客様とのコラボレーション、そして、患者さんに対する思いやりの精神を大切にしながら、より質の高い輸血医療と血液・細胞治療を実現するため、独自のテクノロジーを追求しています。

  • *

    Terumo BCT, Inc. 2011年にテルモのグループ会社化

主な製品

(注)これらの製品の薬事承認および販売状況は、国や地域により異なります。

血液センター分野

献血を通じて提供された血液は、血小板、血漿(けっしょう)、赤血球などの輸血用製剤として、病気やけがの治療に役立てられています。その製剤化と医療機関への供給を行うのが血液センター(日本では日本赤十字社)です。テルモBCTは、血液センターで用いられる採血装置や採血ディスポーザブルセット、全血バッグ、血液製剤の調整に使用される機器等を提供し、世界の血液事業に貢献しています。

血液センター分野

全血採血

白血球除去フィルター付き血液バッグ

白血球除去フィルター付き血液バッグ

成分採血

成分採血システム

成分採血システム

血液の分離・製剤化

血液自動製剤化システム

血液自動製剤化システム

病原体低減化技術

病原体低減化システム
(日本国内では未承認品につき、販売を行っておりません)

アフェレシス治療と細胞採取分野

病気を抱える患者さんに対して、その病原となる血液中の不要な成分を分離除去したり、治療の為に必要な成分を採取したりすることがあります。

テルモBCTは、遠心分離技術を活用して、血液成分を分離・採取、または除去する血液成分分離システムを提供しています。(利用できる複数の手順で)白血病や重症筋無力症を含む様々な疾患に対して、血液成分除去治療や血液成分採取を通じて、新たな治療の選択肢の提供を目指した製品開発に取り組んでいます。

遠心型血液成分分離装置

遠心型血液成分分離装置

アフェレシス治療と細胞採取分野

細胞処理分野

研究用、産業用、臨床用に必要な細胞を効率的に分離、培養するシステムを提供しています。
医療を根本的に向上させる可能性を持つ細胞療法の開発を支援します。

細胞増殖システム

細胞増殖システム

細胞処理分野

Autologous Biologics(自家生物製剤分野)

患者さんご自身の血漿や骨髄液、脂肪組織を活用することで、病気の治療に新たな選択肢を提供することが可能になります。2015年にテルモBCTに加わったハーベストテクノロジー社は、このような細胞を収集・分離・濃縮し、使用するための医療機器とディスポーザブルキットを提供しています。(日本国内では販売していません)

自家製剤調整用遠心分離器

自家製剤調整用遠心分離器

(日本国内では未承認品につき、販売を行っておりません)

Autologous Biologics(自家生物製剤分野)
T
O
P