ごあいさつ

Contributing to Society through Healthcare

医療を通じて社会に貢献する

  • 代表取締役会長
    三村 孝仁
  • 代表取締役社長CEO
    佐藤 慎次郎

テルモは1921年に国民衛生の基礎を支える良質な体温計の国産化を目指して設立されました。「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、 進化する医療現場と共に歩みを続け、現在では世界160以上の国や地域で事業を展開しています。医療機器メーカーとして高品質な製品とサービスを安定的に供給するだけでなく、患者さんの負担軽減をはじめ医療安全や感染 対策、さらには医療経済性の追求など、医療を取り巻く様々な課題の解決に取り組んでまいりました。

近年、先進国における少子高齢化、新興国における経済発展などに呼応して、医療のニーズは多様化、複雑化しています。また、IoT、人工知能、ロボティクス、再生医療など、あらゆる科学技術の進化が、医療とそれを支える産業の姿を変えようとしています。

時々刻々と変化する世界の医療現場において、さらなる貢献を実現し続けていくため、私たちは日本発のグローバル企業として、事業や地域、機能を越えた「テルモグループとしての総合力」の強化が重要であると考えています。

2019年4月、テルモグループの企業理念体系を刷新し、全世界のテルモのアソシエイト(社員)をつなぐ共通の価値観として「コアバリューズ」を制定するとともに、高い倫理観をもって正しく行動するための行動原則「テルモグループ行動規範」を改定しました。

テルモは、この新企業理念体系に基づいた事業活動を通じて、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指してまいります。 今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

T
O
P