テルモ、開発製造受託(CDMO)の生産能力を拡充 山口で薬剤充填済み注射器の生産設備を増設

2020年11月26日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、100%子会社のテルモ山口D&D株式会社(山口市)の本社工場に、薬剤充填済み注射器の生産設備を増設します。周辺設備を含む総投資額は150億円で、2021年8月着工、2023年12月稼働の予定です。これにより、テルモ山口D&Dの生産能力は、2016年の工場稼働時と比べて3.5倍になります。

 テルモ山口D&Dでは、協和キリン富士フイルムバイオロジクス株式会社のバイオシミラー*1で、関節リウマチなどの自己免疫疾患の治療に用いられる「Hulio®*2や、旭化成ファーマ株式会社の骨粗鬆症治療剤「テリボン®皮下注28.2µgオートインジェクター」などの医薬品と医療機器を組み合わせたコンビネーション製品を生産しています。

 テルモは、ホスピタルカンパニーのアライアンス事業として、高度な製造技術を活用したコンビネーション製品の開発製造受託(CDMO)や、薬剤に適した素材技術を組み合わせた投与デバイス*3のビジネスを展開しています。同事業の2020年3月期の売上収益は前期比16%増の236億円で、今後もホスピタルカンパニーの成長ドライバーとして事業拡大を見込んでいます。

  • *1

    バイオシミラー(バイオ後続品)とは、既に承認されたバイオ医薬品と同等・同質の品質、安全性および有効性が認められた製品です。バイオ医薬品の有効成分は分子量が大きく構造が複雑なため、バイオシミラーの開発においては同等性・同質性を示すために新薬と同様に多くの試験が行われます。

  • *2

    日本での製品名は「アダリムマブBS皮下注『FKB』」

  • *3

    薬剤充填用注射器や同梱用針

テルモ概要

 テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という理念を掲げ、約100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカーです。世界160以上の国と地域で事業を展開し、25,000人以上のアソシエイト(社員)が革新的なソリューションを届けるために日々働いています。
 国産体温計の製造に始まり、設立以来、医療の基盤を支え続けてきました。現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供しています。
 テルモは、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指します。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P