テルモ、インスリン自動投与制御システムの共同開発契約を締結 Diabeloop社と、日本の糖尿病患者さんへの貢献を目指して

2020年11月17日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、このたび、Diabeloop社(本社:フランス・グルノーブル市)とインスリン自動投与制御システム(AIDシステム: Automated Insulin Delivery system)の共同開発契約を締結しました。今後、臨床試験や日本での製造販売承認を見据えた開発を両社で進め、本共同開発の完了後、日本ではテルモが同製品を独占的に販売します。また、将来に向けて日本以外の地域への展開も両社で検討しています。

 AIDシステムとは、血糖コントロールのためにインスリン投与が必要な糖尿病患者さんの治療に使用されるものです。持続血糖測定器(CGM: Continuous Glucose Monitoring)でリアルタイムに測定した皮下のグルコース濃度に連動して、患者さんの状態に合わせたインスリン量が、インスリンポンプから持続的に投与されるシステムです。
 グルコース濃度の細かな制御が期待できることから、AIDシステムは欧米を中心に拡大していますが、このシステムを実現するには、CGMとインスリンポンプに加えて、適切な投与量を算出し両者を連動させる投与制御アルゴリズムが必要です。

 Diabeloop社は、投与制御アルゴリズムを搭載したスマートフォン型の専用端末「DBLG1」を開発し、同端末とCGM・インスリンポンプとの組み合わせであるAIDシステムを既に欧州で展開しています。このアルゴリズムは、無線通信でCGMから得る5分ごとのデータに加え、患者さんの状態、血糖値の推移、食事・活動のデータ入力を基に、適切なインスリン投与量を算出します。
 テルモは、インスリンポンプ「メディセーフウィズ」を2018年から販売しています。メディセーフウィズは、糖尿病患者さんの日常的な活動を制限せずに治療できるように開発された日本で唯一のパッチ式インスリンポンプです。また、CGMに関しては米デクスコム社の製品を2019年から日本で販売しています。

 このたびの共同開発契約に基づき、テルモのパッチ式インスリンポンプ「メディセーフウィズ」、Diabeloop社の「DBLG1」、米デクスコム社のCGMが連動するAIDシステムの日本での実現を目指します。
 テルモは糖尿病領域において、1982年から約40年にわたり、革新的な製品を提供し続けてきました。独特な形状を持つ血糖測定器や世界一細いインスリン用注射針、日本初のパッチ式インスリンポンプなどの幅広い製品群に、このAIDシステムを加えることで、日本の糖尿病患者さんへのさらなる貢献を目指します。

  • メディセーフウィズとDBLG1でのAIDシステムイメージ

  • メディセーフウィズ装着イメージ

テルモ概要

 テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という理念を掲げ、約100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカーです。世界160以上の国と地域で事業を展開し、25,000人以上のアソシエイト(社員)が革新的なソリューションを届けるために日々働いています。
 国産体温計の製造に始まり、設立以来、医療の基盤を支え続けてきました。現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供しています。
 テルモは、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指します。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P