テルモ、「Terumo Patient's Week」を開催 創立99周年を迎えた9月17日を含む週に、社内でオンライン配信

2020年9月17日

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、本日2020年9月17日に創立99周年を迎えました。日本では、本日行う創立記念イベントと併せて、9月14日から「Terumo Patient's Week」を開催しています。

 テルモグループでは、2013年から、社内イベント「Terumo Patient's Day」を世界各地で開催し、医療の現場体験や患者さんの声を聴く機会を通して、テルモでの仕事と患者さんとのつながりを実感する場を設けています。
 日本では毎年、創立記念日の9月17日*に「Terumo Patient's Day」を開催し、がん、心臓病、腎臓病、糖尿病などの患者さんや、医療従事者の話を伺ってきました。
 今年は、9月17日を含む1週間に期間を拡大し、全てオンライン配信で「Terumo Patient's Week」として実施。テルモが大切にする価値観の一つである「ケア」とも深く関わる「看護」をテーマに、看護学の先生の講演、社員の座談会、医療安全と感染対策に関する看護師のインタビュー映像、関連製品紹介などを行っています。

 テルモはこれからも、「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、社員一人ひとりの仕事が患者さんとつながっていることを実感し、患者さんのために自らができることを考える取り組みを継続していきます。
 また、来年2021年には創立100周年を迎えます。これまでの99年間に培ってきたテルモの文化を大切にしながら、次の100年に向けて少しでも大きな一歩を踏み出すことで、医療と社会への貢献を目指します。

  • 「患者さんへの想い」を語り合う座談会を、自宅で視聴する社員

  • *

    9月17日が平日ではない場合は、その前後の平日。2013年のみ5月に開催。

テルモ概要

 テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という理念を掲げ、約100年の歴史を持つ、日本発の医療機器メーカーです。世界160以上の国と地域で事業を展開し、25,000人以上のアソシエイト(社員)が革新的なソリューションを届けるために日々働いています。
 国産体温計の製造に始まり、設立以来、医療の基盤を支え続けてきました。現在は、カテーテル治療、心臓外科手術、薬剤投与、糖尿病管理、腹膜透析、輸血や細胞治療などに関する幅広い製品・サービスを提供しています。
 テルモは、患者さんや医療従事者をはじめ、広く社会にとって価値ある企業を目指します。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。

印刷
T
O
P