文字サイズ

プレスリリース 2009年

2009.7.22
安全と効率化への貢献
テルモ、「テルフュージョン シリンジポンプ35型」を新発売
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋 晃)は、安全機能をさらに追求し、医療従事者の作業の軽減に貢献するシリンジポンプ35型(販売名:「テルフュージョンシリンジポンプ35型」)を、全国の医療機関向けに発売しました。2009年度の販売目標は、10億円です。

シリンジポンプは、注射器(シリンジ)に充填された薬剤を一定流量で持続的に投与する装置です。手術中や術後の患者さんへの薬剤投与量を精密に管理する時に使用されます。

■ 液晶画面を活用した安全機能

シリンジがポンプに正しく装着されていない状態で、ポンプが患者さんより高い位置に設置されている場合、薬剤が急速に注入されてしまうサイフォニング現象を起こすリスクがあります。

シリンジポンプ35型は、液晶表示部にシリンジ装着手順がイラストで表示され、確実な装着をサポートすることで、サイフォニング現象の防止に役立ちます。シリンジの装着が誤っている時はエラー音で知らせるだけなく、正しく装着された時もOKサインで確認できるので、医療従事者の方に安心して操作いただくことができます。

■ ワンタッチ着脱で、医療従事者の作業効率向上へ貢献

シリンジポンプは、架台に取り付けて使用されます。従来、シリンジポンプと架台は、ネジで固定していましたが、シリンジポンプ35型は、ワンタッチでの着脱が可能になりました。これにより、手術室や集中治療室などで、多くのシリンジポンプを準備する時など、医療従事者の作業の軽減が期待できます。



液晶表示部



販売名:
テルフュージョンシリンジポンプ35型

医療機器承認番号:
22000BZX01362 

特定保守管理医療機器

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.