文字サイズ

プレスリリース 2005年

2005.01.19
オリンパスメディカルシステムズとテルモ、
低侵襲治療器具の協業による開発第2弾
内視鏡下大伏在静脈剥離システムを共同開発、テルモが北米にて発売
 

 オリンパスメディカルシステムズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下オリンパスメディカル)とテルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、以下テルモ)は、2001年4月に締結した医療機器分野での包括的な業務提携による協業として、冠状動脈バイパス手術※1(CABG)に使用する脚部の大伏在静脈※2を内視鏡下で剥離、摘出するEVHシステム「VirtuoSaphTM」を開発、テルモが1月12日から北米、タイ、シンガポール、マレーシアで販売を開始いたしました。テルモは、順次、欧州、アジアの販売を予定しており、販売目標は2006年度で13億円を予定しています。

*2004年10月1日よりオリンパス株式会社(社長 菊川剛)の医療事業はオリンパスメディカルシステムズ株式会社として分社いたしました。


EVH(Endoscopic Vein Harvesting):内視鏡下大伏在静脈摘出術

脚に小さな穴をあけて、内視鏡を挿入し、血管を剥離、摘出する方法です。皮膚を大きく切開せずに静脈を摘出できるため、患者さんの身体的負担の少ない手術です。手術後の傷口が目立たず、早期回復、感染のリスク低減も期待されています。 米国では1997年頃から行われており、現在CABGに使用される静脈の摘出手術の約40%まで普及しています。

※1 冠状動脈バイパス手術(CABG:Coronary Artery Bypass Grafting)
心臓の表面にある冠状動脈が、動脈硬化などにより狭窄や閉塞した際、胸部や脚から摘出した血管をバイパスとして縫合し、血流を改善する心臓手術のことです。米国では年間(約30万例)、日本でも毎年約3万例の手術がおこなわれています。
※2 大伏在静脈
太腿の内側、皮膚のすぐ下にある静脈。

 


■ 「VirtuoSaphTM」の発売の概要


製品名 販売地域 発売時期
「VirtuoSaphTM 北米、アジア(一部) 2005年1月12日

■ 「VirtuoSaphTM」の主な特長


  1. 簡単な操作により手技の習得も容易
  2. 静脈本管から枝分かれしている側枝を効率よく処理することを目指した電極の装備をはじめ、簡単な操作の実現を目指しました。基本的な操作は、ハーベスター全体及びハーベスター手元の操作部を指で「引く」「回す」「押す」という作業のみでできるため、片手操作も可能で、当手技の習得も容易と考えます。

  3. 内視鏡先端の汚れを除去するワイパー機能を搭載
  4. ハーベスターには、内視鏡先端に付着した脂肪などの汚れを除去するワイパーが付いており、手元のレバー操作で内視鏡の良好な視野を確保できます。

 今回の「VirtuoSaphTM」に関しては、商品企画・開発をオリンパスメディカル、テルモ両社で行い、販売をテルモが担当いたします。これは内視鏡領域においてはオリンパスメディカルが、心臓外科手術領域においてはテルモがそれぞれ世界的に高い技術力とシェアを有しているという両社の強みを、最大限に活用できるためです。
今後両社は世界市場に、お互いの強みを生かした国際競争力のある商品を投入することで積極的な販売展開を図ります。心臓血管外科領域をはじめ、すでに製品展開を図っている消化器科領域、現在開発中の泌尿器科領域において、患者さんの苦痛や身体的負担を軽減する低侵襲診断・治療の機器開発を協同で行い、次世代の医療へ積極的に貢献していきます。

※「VirtuoSaphTM」は、テルモの登録商標です。


■ 「VirtuoSaphTM」の発売の概要


【オリンパスメディカルシステムズ株式会社】
所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス
代表者: 代表取締役社長 宮田 耕治
設 立: 2004年
資本金: 1,000百万円(2004年10月1日)
売上高(連結): 216,915百万円
(ただし、2004年3月末のオリンパス株式会社医療システムカンパニーの業績)
社員数(連結): 8,259名
(ただし、2004年9月末のオリンパス株式会社医療システムカンパニーの社員数)
事業内容: 医療用内視鏡等、医療機器の製造・販売 消化器・外科・処置具・超音波分野の内視鏡関連機器、他
 
オリンパスは、1950年に世界で初めて胃カメラを実用化して以来、直接体内を観察できるファイバースコープ、ビデオスコープを開発してきております。現在は、診断にとどまらず種々の治療を行うための処置具や治療機器、さらに内視鏡下外科手術用機器に至るまで低侵襲の診断治療事業を幅広く展開しています。2004年10月1日、オリンパスの医療事業をオリンパスメディカルシステムズとして分社化し、早期発見・治療につながる「体にやさしい医療」、高い品質や性能を提供しつづける「高い信頼性」、効率を高める製品・サービスの提供を通じた「優れた効率性」を追求し、よりよい医療の実現に貢献していきます。

【テルモ株式会社】
所在地: 東京都渋谷区幡ヶ谷2-44-1
代表者: 代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO) 和地 孝
設 立: 1921年
資本金: 38,716百万円(2004年3月末)
売上高(連結): 215,195百万円(2004年3月末)/td>
社員数(連結): 9,094名(2004年3月末)
事業内容: 医薬品、栄養食品、血液バッグ、各種ディスポーザブル医療器具、人工心肺システム、人工血管、ME機器、電子体温計等の医療用機器の製造・販売
 
テルモはディスポーザブル医療器具や栄養・輸液剤などで、国内外で高いシェアを持っています。また、血管造影用ガイドワイヤでは世界のトップシェアを占め、血管内治療用カテーテルやステント、さらに人工心肺システムなど、先進的な医療機器で高い技術力を有しています。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.