文字サイズ

プレスリリース 2004年

2004.10.12
テルモ  和地 孝 会長兼CEOが「ミッション経営大賞」を受賞
 

 この度、弊社代表取締役 会長兼最高経営責任者(CEO)の和地 孝は、 第4回「ミッション経営大賞」を受賞いたしましたので、ご連絡申し上げます。
ミッション経営とは、ビジネス本来の社会的使命に原点を置いた活力ある企業経営を実践し、よりよい社会の実現を目指していく経営のことで、この賞は「世のため、人のため」になる経営を実践した企業家を表彰するものです。



The Society of Mission-driven Management

NEWS
―「世のため、人のため」になる経営を実践した企業家を表彰する―
「ミッション経営大賞」第4回受賞者の発表
 
 このたびミッション経営研究会は、社会的使命(ミッション)に基づいた経営を展開し、顕著な成果を挙げてこられた企業家を表彰する「ミッション経営大賞」の第4回受賞候補者について、以下の4人の選考委員によって厳密な審査を行った。
選考委員長 小野桂之介(慶應義塾大学経営大学院・教授)
選考委員 浅野純次 (社団法人経済倶楽部・理事長)
選考委員 根来龍之 (早稲田大学商学部・教授)
選考委員 毛利 衛 (日本科学未来館・館長)
  この結果、今回の受賞者として、和地 孝氏(テルモ株式会社・会長)を選び、11月11日のミッション経営シンポジウムにおいて表彰する。(シンポジウム当日、本状を受付にご提示いただければ、ご出席・ご取材いただけます)
授賞理由の要旨、和地氏の略歴は以下のとおり。尚、シンポジウムにおいて、選考委員長が選考理由などを報告する。
 2004年10月12日
ミッション経営研究会
 
第4回ミッション経営大賞
受賞者:テルモ株式会社・代表取締役会長 和地 孝氏
● 略歴 ●
 1935年生まれ。1959年、横浜国立大学経済学部を卒業し、富士銀行に入行。1988年同行取締役業務企画部長に就任。1989年、テルモ(株)常務取締役情報管理本部長に就任。専務、副社長を経て、1995年、同社社長、2004年に代表取締役会長に就任、現在に至る。
● 受賞理由 ●
 和地 孝氏は、1993年以来代表取締役として、テルモ社が「医療を通じて社会に貢献する」という社会的使命を実現し、顧客をはじめとする広範なステークホルダーにとって望ましい成果をもたらす企業に発展するのをリードしてきた。
和地氏は、人材の社内公募制、縄文型小集団セル制度、手作りビデオ方式による社内報など、独自の工夫をこらした組織運営によってテルモ社の企業風土を変革し、今日まで10期連続の増収と着実な増益基調を実現するとともに、顧客からの高い評価と信頼、全従業員が部門の壁を越えて明るく協力しあう気風を築き上げてきた。
ミッション経営大賞審査委員会は、和地 孝氏のこのような実績を高く評価し、同氏に第4回ミッション経営大賞を授与することを決定した。
※「ミッション経営」ならびに「ミッション経営研究会」の概要については、以下参照。
http://www.mission-keiei.org/
● 過去の受賞者 (肩書きは当時)●
第1回 ㈱堀場製作所 会長 堀場雅夫氏
第2回 YKK㈱   会長兼社長 吉田忠裕氏
第3回 ㈱林原     社長 林原健 氏
○ミッション経営研究会・事務局 (経済倶楽部事務局内)
〒103-0021東京都中央区日本橋本石町1-2-1 東洋経済ビル9階
電話03-3270-0681 FAX:03-3270-0987  
http://www.mission-keiei.org/

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.