テルモ・インフォメーション「肺塞栓症」篇

  • 内容は放送当時の情報です。

映像とナレーション

テルモインフォメーション
肺塞栓症の予防についてお届けします。
水分を十分摂取せず、避難所や車など狭い場所に長時間同じ姿勢でいると、血のめぐりが悪くなり、脚の深い血管で血のかたまり・血栓ができてしまうことがあります。
その血栓が肺の血管につまり、胸の痛みや呼吸困難、時には心肺停止に至ることがあります。このような症状を予防するため、足の運動と水分補給をおすすめします。
その場で屈伸運動をしたり、
あるいは、足首の曲げ伸ばしも効果的です。
これは座ったまま、寝たままでもOKです。
こうした運動に加え、 こまめな水分補給を心がけてください。
人にやさしい医療へテルモです
T
O
P