文字サイズ

新卒採用情報

先輩社員紹介

開発技術職

米国で最新医療技術の探索活動を行いテルモが将来取り組むべき新たな医療技術を探しています

CAREER STEP
2001年
入社 心臓血管治療デバイスの開発
2010年
米国カリフォルニアに赴任、新技術探索を担当
テルモへの入社の動機
昔からものづくりが好きで大学では医療工学を勉強しており、卒業後は日本の医療機器メーカで、将来的には海外で働きたいと考えていました。当時、日本の医療機器メーカの中でも先端医療技術開発に力を入れ、海外にも数多くの拠点を持っていたのがテルモでした。入社面接を受け、面接官の技術者の方から受けたテルモのオープンな雰囲気に、ここでなら自分のやりたいことができると確信し、入社を決めました。
現在の仕事内容・魅力
私は現在、米国で最新医療技術の探索活動を行っています。医学学会での最新医療情報収集、米国ドクターへのインタビューを通じたニーズ発掘、ベンチャー企業への訪問など、人との関わりを中心に情報収集を行い、テルモが将来取り組むべき新たな医療技術を探しています。米国では世界中から優秀な人たちが集まり、最新の研究開発や起業が活発に行われています。言葉も文化も違う国で苦労することも多くありますが、この探索活動を通じ、最新の研究や技術を学び、様々な国の専門性をもった多様な人たちと出会うことで、多くの刺激、気づきを得られると共に、世界中で困っている人の役に立つかもしれない技術の卵に触れることができ、大変やりがいを感じています。
今後の更なるチャレンジや夢・目標
より多くの人を救える新しい医療技術を世界に先駆けて見つけるのが今の目標です。その為には、その情報をより早く入手することが必要となります。よく言われることですが、日本は縦割りで組織内の結束・つながりを重要視しますが、米国は横割りで組織よりも人と人とのつながりを重要視します。実際、米国では重要な情報は組織を超えた人脈を通じて交わされることが多いため、有用な情報を得るには幅広い人脈構築が大変重要になります。
日本で生まれ育った私にとって米国での人脈構築は大きなチャレンジですが、今後はそれを乗り越え目標を達成したいと思っています。
1DAY SCHEDULE
08:00
現地知人との朝食面談
10:00
ベンチャー企業Aへの訪問
13:00
投資家とのランチ面談
15:00
米国の大学訪問、ドクターとのディスカッション
18:00
日本との電話会議
19:00
夕食及びホテル泊
学生へのメッセージ
変化の早いこの時代、どのような変化にも対応できる多様な経験やスキルを積極的に身につけていくことが重要であると思います。テルモは積極的にチャレンジする人を応援してくれる会社だと思いますので、世界各国で活躍したい、いろいろなスキルを身につけたい、と思っている人には良いかもしれません。皆さんが今後様々なことにチャレンジし自身の経験とスキルを磨くことで、世界中でご活躍されることを願っています。就職活動は大変だと思いますが、頑張って下さい。

ページの先頭へ戻る


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.