文字サイズ

新卒採用情報

先輩社員紹介

開発技術職

心臓用のバルーンカテーテル開発を担当しています

CAREER STEP
2000年
入社 カテーテル開発 PTCA、ソリューションパック
テルモへの入社の動機
子供の頃から身近に日々痛みと向き合う人がいたこともあり、何かの形で「医療」に携わりたいと考えるようになりました。また、物事の道筋を考えることが好きで研究開発職に就きたいという希望もあり、自分の仕事の結果として世の中にない製品を作り出すことのできる製造メーカーに興味を持ちました。これら両者を同時に実現できるのがテルモであり、「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念が入社動機に一致しました。
現在の仕事内容・魅力
心臓用のバルーンカテーテル開発を担当しています。この製品は、心筋梗塞等を引き起こす冠動脈内の狭窄を血管内から広げて血流を再開させる医療機器です。従来の外科的な治療に比べ、現在ではカテーテル治療により多くの患者さんの身体的負担を軽く、療養期間を短くできるようになりました。自分の関わった製品が目に見える形となって出荷されることの達成感とともに、世界各国の病院へ届けられたカテーテル1本1本が病気に苦しむ患者さんの治療に直結していることに強い責任を感じています。
ACE公募・育児休暇・介護休暇、自己啓発研修などの制度利用経験
これまでに2回育児休暇を取得し、現在も育児時差勤務(私の場合は、業務開始を30分遅らせた8:30からのフルタイム勤務)を継続中です。30分間ではありますが、子供達に「いってらっしゃい」が言える有効な時間として活用しています。最初の育児休暇取得時には課内に経験者がおらず、課外の経験者の様子を伺いつつの手探り状態で始まりましたが、現在は同じ課内でも複数の女性技術者が育児と仕事を両立しており、情報交換が楽しいです。周囲の理解に感謝するとともに、限られた時間をいかに効率よく使うかを常に意識して日々の業務に取り組んでいます。
今後の更なるチャレンジや夢・目標
国内のみならず、海外でも「テルモ」と言えば通じる企業となることが大きな目標です。まずは、どの市場でも自社製品を使って頂くこと。海外では、各市場ごとに求められる製品やその仕様が異なります。「テルモ」を使ってもらうための障壁は何か?開発部門としては、単にカスタマイズするのではなく、マーケティング部門とともにその製品仕様が何故必要とされるのかを分析し、市場に対しても事業に対しても価値ある製品の形を考え、提供していきたいと思います。
1DAY SCHEDULE
08:30
出社(育児時差勤務)
09:00
メール確認等
10:00
チームメンバーとのディスカッション
(前日までの進捗確認、報告)
12:00
評価検討、設計文書作成(昼休み)
15:00
Dr.来場、技術検討会
17:00
電話会議(欧州)
17:30
退社
学生へのメッセージ
医療従事者の治療を支える医療機器をどんなときも安全に安定的に提供し続けられる企業の存在は重要です。また日々の暮らしを潤いあるものとするために、医療は発展し続けなければなりません。医療機器の製造は、医学的な知識だけではなく、機械・電気・情報・化学・薬事・マーケティング・営業・ロジスティックなど様々な知識をもったメンバーがコラボレートすることで成立し、高められていると感じます。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています!

ページの先頭へ戻る


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.