文字サイズ

新卒採用情報

先輩社員紹介

開発技術職

医師との議論や実験を繰り返し、アイデアから試作品へ、そして製品へと開発していきます

CAREER STEP
1998年
入社 研究開発センター
2010年
研究開発本部 慢性疾患分野
テルモへの入社の動機
高校生の時に虫垂炎で入院した時から、医療の社会貢献度の高さに魅力を感じ、将来は、医療業界に就職したいと考えていました。当時から、テルモはグローバル展開を大きく掲げており、技術者に対してもグローバル感覚を求めていました。私は、テルモであれば、自分の専門である化学を活かした技術者としての仕事と、好きな英語を活かした海外との仕事を両立させることができると考え、テルモに入社しました。
現在の仕事内容・魅力
私は現在、高齢者向けの医療機器を開発する部門の運営を行っています。具体的には、海外の学会や医療施設を訪問し情報収集を行う他、医療知識と医療現場のニーズを合わせて、製品アイデアを作ります。医師との議論や実験を繰り返し、アイデアから試作品へ、そして製品へと開発していきます。開発過程では、スムーズに開発できる様に他部署や他社と協力して不足する技術を補い、本社や工場と協力して販売体制を整えます。この仕事は、最新の医学知識や技術だけでなく、コミュニケーション力や発想力、行動力を必要とするハードな仕事です。しかし、高い目標を掲げ、自分の能力を最大限に生かして新しいことに挑戦する場があり、世の中に新たな価値を提供できることに魅力を感じています。
ACE公募・育児休暇・介護休暇、自己啓発研修などの制度利用経験
LEO seminar Jr.という自己啓発研修に参加しました。この研修では、2週間に1度、営業、工場、研究の30歳前後の社員が集まり、4ヶ月間をかけて会社の経営について学びました。毎回、社外講師の講義を受講し、日常の業務とは異なった視点でテルモの経営課題について考えます。様々な部門の人とディスカッションしながら考えをまとめていくので、研修が終了する頃には、会社全体を俯瞰することができる様になり、会社の方針と自分の仕事の繋がりがよく分かる様になりました。その後、研修で知り合ったメンバーと一緒に仕事をする機会もありましたが、とてもスムーズに仕事を進めることができたので、社内の人間関係を構築する上でも、とても役立ちました。
今後の更なるチャレンジや夢・目標
私の目標は、高齢者が寝たきりにならずに、一日でも長く健やかな日々を送れる世の中を提供していくことです。その為に、現在進めている開発品を早く製品化し、高齢者用の商品群を拡充できる様、頑張っています。
高齢化は日本だけでなく、他の先進国でも課題になっています。高齢者は、世界共通で多くのケアを必要としていますので、きめ細やかなケアを特徴とする日本の商品の得意な領域と言えます。
日本で開発した製品を海外のニーズに合わせて改良し展開することで、世界中の高齢者に寝たきりのない健やかな生活を提供していきたいと思います。そして、高齢者ケアに強いテルモとして、世界の中でブランドを確立していきたいです。
1DAY SCHEDULE
08:30
湘南センターに出社、メールの確認
08:40
共同研究先のメーカーA社との打ち合わせ資料作成
09:00
メンバーから昨日の実験の報告を聞き、今後の方向性を相談
10:00
知財部と特許出願に関する打ち合わせ
12:00
社員食堂で、他部署の先輩や同期と一緒にランチ
13:00
来週のB病院訪問に向け、ヒアリング内容を確認する為の打ち合わせ
14:30
共同研究先C病院へ出発。研究の進捗確認と今後の進め方について打ち合わせ
19:00
打ち合わせ終了。直帰
学生へのメッセージ
テルモでは、医療機器という幅広い技能が求められる領域で仕事をするので、自分の専門の幅を広げ、医療従事者と密接に関わりながら仕事をすることができます。社内には、数百人の技術者が一堂に集まる技術交流会があり、日常でも技術者同士が、廊下で技術談議に花を咲かせる姿が見られる等、交流が盛んです。新しいことにチャレンジすることが好きな皆様と、高い目標に向かって一緒に挑戦できることを楽しみにしています。

ページの先頭へ戻る


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.