文字サイズ

先輩社員紹介JOB

開発技術職設備技術

CAREER STEP

  • 2011設備技術(増産技術)
  • 2016カテーテル生産技術課

REASON

低侵襲治療で医療に貢献

大学時代は機械工学を専攻しており、医師の方と共同で進める研究に携わりました。学んできた機械工学の知識で医学の進歩や人々の健康の手助けができることに感銘を受け、医療機器業界への就職を志しました。その中でも、日本のメーカーで、幅広い分野に精通し、低侵襲治療の領域で患者さんや医療に貢献しているテルモに魅力を感じ入社したいと考えるようになりました。

MY JOB

患者さんに使用される製品を扱う使命感

循環器治療に用いるカテーテル関連製品の生産能力の増強を目的とした新規設備の立上げや改善を主に担当しています。品質を保ちつつ、設備の生産条件を設定するために関連部署や設備製作業者と連携して業務を進めています。様々な検討や協議を繰り返して立ち上げた設備が、生産現場で順調に稼働し、製品が製造されていることに達成感を得ています。同時にその製品が世の中の医療現場に届けられ、患者さんに使用されることにやりがいと使命感を感じます。多岐にわたる知識が必要ですが、アイデアを製品や設備に反映する事ができることも魅力です。

CAREER GOAL

幅広い分野に精通した技術者になる

製品、設備、加工方法の一つひとつに様々な知識が集約されています。そこからさらに改善を行う上では、様々な展示会や他業種の情報にも目を向け、柔軟な発想と広い視野を持ち、知識やアイデアを吸収して、新しい技術として進化させていくことが重要だと考えています。そのためにも、学生の頃に学んできた機械専攻の枠に収まることなく、電気や化学等、幅広い分野に精通した技術者として成長し、テルモの「モノづくり」を通じて社会に貢献していきたいです。

1DAY SCHEDULE

07:15

出社

08:00

ラジオ体操、朝礼、清掃

08:10

ミーティングチームメンバーとのミーティング・進捗状況の確認

08:45

生産開始予定の設備の動作確認

10:00

情報共有と協議生産開始に向けて確認すべき内容に対して、関連部署との情報共有と協議

11:20

昼食工場の食堂を利用

12:00

生産開始予定の設備の検討状況の情報整理や報告資料の作成

13:00

打ち合わせ製造設備の新規製作に向けての課題や検討項目に対して、設備製作業者との打ち合わせ

15:00

報告書の作成打ち合わせ内容をまとめた報告書、検討結果をまとめた報告書の作成

17:00

業務整理・帰宅

MESSAGE

業務を進める上で、自分の専攻分野以外のスキルを求められる場面によく遭遇します。その中でも仕事をしっかり進めるためには、自ら考える事、疑問をそのまま放置しないことが大切だと思います。また、社会人になると行動の幅が広がり、様々な方々と出会い、関わることになり、非常に刺激的です。常に変化する環境に対応していくためにも自分から積極的に行動する姿勢と、自分を取り巻く周囲に興味を持って視野を広げてほしいと思います。

ページTOP

Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.