文字サイズ

先輩社員紹介JOB

開発技術職製造技術

CAREER STEP

  • 2011生産技術センター 押出技術チーム
  • 2015生産技術センター 技術開発チーム

REASON

患者さんやそのご家族に安心や喜びを与えられる仕事

「人間の生活に絶対に欠かせないこと=医療」、「手に取って触ることのできるモノを生み出すこと=モノづくり」、「大きなフィールドで働くこと」、この3つが強い志望動機でした。テルモは医療機器・医薬品で世の中に貢献し、世界初の技術を多く生み出しています。また、国内外に多くの生産拠点を有し、製品群も多種多様です。患者さんやご家族に安心や喜びを与える仕事に携わることができる点に魅力を感じ、テルモに入社したいと考えました。

MY JOB

自分が設計した設備がベトナムで活躍

入社1~4年目に、血液バッグシートの生産システムを刷新しました。このプロジェクトは主担当部署の開発・生産メンバーと共に、新生産システムの構築に挑戦するものでした。前例のなかったアプローチである“コンピュータシミュレーション(以下、CAE)”を駆使し、装置の理論設計を行いました。設計しては、流動実験を行い、その結果をCAEで原因調査をする。このサイクルを幾度となく繰り返し、既存ラインより生産可能時間を数倍延ばしたラインを設計しました。このラインはベトナム工場で導入され、稼働を開始しています。私が設計した設備がベトナムで製品を作り、世の中の方々へ「安全・安心・安定」を提供していることに強いやりがいを感じています。

CAREER GOAL

世界に対して優位性のあるモノの作り方に挑戦していきたい

これまでは想像できなかったような製品の工法設定・量産化に携わりたいと考えています。今後の生産技術は人工知能をはじめ、CAEやロボット、IoTの活用が必須であり、技術革新に大きな可能性を秘めていると思います。手段が高度化する中で、活用技術の選定や活用方法、その2つを進化させることがカギとなります。そしてテルモにおける生産技術のフィールドはグローバルであり、世界に対し優位性のあるモノの作り方に挑戦していきたいと考えています。

1DAY SCHEDULE

07:30

出社

08:00

始業・朝礼 メールチェック・当日の実施項目の整理

09:00

チームミーティング

10:30

テーマ関連メンバーと業務内容・進め方等を共有関係部署に移動し、進め方共有

11:30

部署に戻り、実験計画の確認・部材準備

11:50

昼食・休憩社員食堂にて

12:30

実験実施装置立上・実験実施・装置立下。 前回条件からの対策した条件で、後日性能評価用のサンプルを作製。

17:00

実験結果の記載・メールチェック

18:00

退社

MESSAGE

どんなに優れたモノも大量生産できなければ、世の中に広く貢献することはできません。どんなに過去が良くとも、優位性のない技術・陳腐化した技術では、時々刻々と変化する環境下で世の中に貢献し続けることはできません。テルモが作るモノは医療機器・医薬品であり、人々にとって欠かせない存在です。我々とともに生産技術を通して世の中に「安心・安全・安定」を提供していきましょう。

ページTOP

Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.