文字サイズ

医療現場で躍動するテルモCOMPANY

血管内画像診断装置

PRODUCT01

世界に広げる新たな技術
超音波や光で治療前後の血管内壁の表面や断面を観察し、最適な治療実現のサポートをしています。
テルモはIVUS(血管内超音波診断装置)とOFDI(光干渉断層撮影装置)の両方を取り揃える世界唯一の企業であり、世界に向けて新しい画像診断技術の開発に挑戦しています。

血管内画像診断装置

ガイドワイヤー

PRODUCT02

負担の少ない医療
⼼筋梗塞や狭⼼症という病気を知っていますか︖
⼼臓を走る血管が狭くなったり、詰まってしまうことによって起こる病気です。このような病気の検査や治療に活躍するのがガイドワイヤー。
ガイドワイヤーは検査や治療⽤のカテーテルを目的の部位まで運ぶ役割を持っています。テルモの血管造影⽤ガイドワイヤーはグローバルで6 割のトップシェア(テルモ調べ)を誇ります。

ガイドワイヤー

イントロデューサーシース

PRODUCT03

内径はそのまま、外径を細く
患者さんのQOLおよび医療経済性の向上のために手首からのカテーテル治療(TRI)が世界的に注目されています。しかし、手首の血管は細いため穿刺が難しく、また心臓までの血管走行も蛇行していることから、血管内および病変部までのアクセスが難しいとされてきました。
テルモでは、血管への入り口を作るイントロデューサーシースにおいて、従来のカテーテル類が通れるよう内径を保ちながらも、外側を細径化することに成功し、これまで血管が細く難しいとされてきた高齢者や女性にも治療が可能となりました。

イントロデューサーシース

薬剤溶出型冠動脈ステント

PRODUCT04

先端医療の普及
心臓の筋肉に血液を送る血管に挿入し、詰まった血管を拡張して治療するテルモの「薬剤溶出型冠動脈ステント」。2014年5月に欧州で発売されてから、現在では、アジア、中南米など40か国以上で販売されています。
医療に国境はありません。先端医療を広く世界へ浸透させていくこともテルモの使命です。

薬剤溶出型冠動脈ステント

ページTOP

Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.