文字サイズ

プレスリリース 2019

2019年02月08日

テルモ、ウェアラブル端末を社員約6000人に配布
社員の健康増進を促進

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、テルモ健康保険組合が設立50周年記念事業の一環として、組合員にウェアラブル端末を配布することをお知らせいたします。対象は、テルモ株式会社、テルモBCT株式会社、テルモ・クリニカルサプライ株式会社、テルモ山口株式会社など国内子会社を含む約6000人の健保組合員です。
 配布する端末は腕時計型で、歩数、心拍数、消費カロリー、睡眠効率などを自動的に記録することができます。また、コンピューターや200種類以上の機器にワイヤレスで同期するので、食事やトレーニングの管理、活動量や睡眠の分析が容易にできます。
 テルモとテルモ健康保険組合は、連携して社員・健保組合員の健康増進を推進しています。現在、ウォーキングに関しては、春と秋にそれぞれ60日間のウェブウォーキング大会を実施しています。参加者は、専用のウェブページにウォーキングの歩数を入力することなどでポイントを獲得し、目標を達成すると、果物などの賞品がもらえます。この大会は2003年に紙に歩数を記入する紙上ウォーキング大会として始まり、2006年度からはウェブ方式になりました。現在では、恒例のイベントとして定着しています。また、外部のウォーキング大会への参加を推奨することで、社員が運動を意識する機会を増やしています。
 テルモは、社員の健康が企業の持続的な成長につながると考えており、社員が健康で働き続けられる環境整備を進めています。その活動は社外からも高く評価されており、経済産業省と東京証券取引所が共同で実施する「健康経営銘柄」にも、制定以来4年連続で選定されています。このたびのウェアラブル端末配布を契機に、さらに、社員が健康でいきいきと働ける会社を目指してまいります。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.