文字サイズ

プレスリリース 2018

2018年07月24日

テルモ、中国医療機器企業エッセン・テクノロジー社を約140億円で買収
中国で薬剤溶出型ステントに参入

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、本日7月24日、中国医療機器企業エッセン・テクノロジー社を買収することに合意いたしました。買収金額は一時金約8億8千万元※1で、今後さらに将来の業績に応じたマイルストーン払いが発生します。
 本買収は両社で合意した条件の整備を終えた後、2018年中の手続き完了を目指しており、買収資金は手元資金による充当を予定しています。また、本買収に伴う2018年度のテルモの業績、財務状態に与える影響は軽微と見ております。
 エッセン・テクノロジー社は、薬剤溶出型冠動脈ステント(DES)※2専業の企業です。テルモは中国において、ガイドワイヤー※3やバルーンカテーテル※4といったカテーテル手術に関する製品を中心に高成長を続けていますが、これまでステントは販売していませんでした。
 テルモは現在、日本、欧州、アジア、中南米など40カ国以上で自社製のDESを販売しています。冠動脈カテーテル治療(PCI)の症例数が75万例を超え、今後も年率10%超の伸長を続け、数年後には世界最大市場になることが見込まれる中国が、本買収により、DESの販売地域に加わることになります。
 現地生産品の重要性が増している中国市場にエッセン・テクノロジー社のDESで参入し、カテーテル事業の拡大を図ります。

DES:Tivoliエッセン・テクノロジー社の薬剤溶出型冠動脈ステント

テルモの中国戦略

 テルモは事業軸で均質的なグローバル化を進める一方で、一部の地域では、市場性と自社プレゼンスに合わせた独自戦略を展開しています。中国では現地化対応を進めており、既に腹膜透析、腎除神経カテーテル、脳血管内治療などの分野では現地企業と提携しています。

エッセン・テクノロジー社概要

会社名:易生科技(北京)有限公司(Essen Technology (Beijing) Co., Ltd.)
設立:2006年
本社所在地:中華人民共和国北京
事業内容:薬剤溶出型冠動脈ステントの開発・生産・販売
年間売上高:約1億4,000万元※1(2017年12月期)
社員数:約200人
資本関係:上海キネティック社(Shanghai Kinetic Medical Co., Ltd.)100%子会社

※1:買収金額…約144億円。エッセン・テクノロジー社売上…約23億円 (1人民元=16.4円で換算)
※2「ステント」:ステントは心臓の周りの細い血管(冠動脈)が狭窄したり、閉塞したりすることによって起きる狭心症、心筋梗塞などの治療に使用する埋め込み型の医療機器です。バルーンカテーテルで冠動脈を拡張した後、ステントを血管内に留置しますが、留置後に再び狭窄を起こすことがあるため、薬剤溶出型ステント(DES:Drug Eluting Stent)が多く使用されます。DESでは、留置後にステントに塗布した薬剤が徐々に周囲の組織に放出され、再狭窄の原因となる細胞増殖を抑制することが期待されています。
※3「ガイドワイヤー」:血管内カテーテル術で、血管内の道筋を確保する製品です。
※4「バルーンカテーテル」:先端にバルーン(風船)がついているカテーテルで、バルーンを膨らませることで、狭くなった血管を押し広げる製品です。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.