文字サイズ

プレスリリース 2018

2018年04月23日

テルモ、血管事業の新ブランド「Terumo Aortic」を発表
大動脈領域での存在感を高める

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、人工血管とステントグラフトを展開する心臓血管カンパニー血管事業の事業ブランドを「Terumo Aortic」(テルモアオルティック)としたことをお知らせいたします。
 Aorticは「大動脈の」という意味の英語です。英国子会社バスクテック社と米国子会社ボルトン・メディカル社を中心に展開する同事業の意義、領域、アイデンティティーを表しています。共通の事業ブランドを持つことで、大動脈領域でのグローバルな存在感をさらに高めることが目的です。
 2017年にボルトン・メディカル社を買収して以降、テルモは同社とバスクテック社との補完的な統合を進めてきました。また、約50億円を投資し4月からバスクテック社の本社工場の生産設備拡充を開始しています。
 このたびの新ブランド展開を機に、大動脈領域での製品・供給・サービスの質を高め、医師と患者さんにとって治療の選択肢が広がることを目指します。

ご参考:関連子会社概要

バスクテック社(Vascutek Limited)
本社所在地 :英国スコットランド
社員数 :約800人
テルモ買収年 :2002年

ボルトン・メディカル社(Bolton Medical, Inc.)
本社所在地 :米国フロリダ州
社員数 :約300人
テルモ買収年 :2017年

主な製品

人工血管外科治療で使用する人工血管

ステントグラフトカテーテル治療で使用する
ステントグラフト(ばね付き人工血管)

オープンステントグラフト人工血管とステントグラフトの複合的な製品である
オープンステントグラフト

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.