文字サイズ

プレスリリース 2018

2018年04月02日

テルモ、静脈可視装置「ベインビュア」を発売
近赤外線で穿刺に適した血管を素早く確認

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、4月1日に静脈可視装置「ベインビュア」を全国の医療機関に向けて販売開始いたしました。2018年度に約50台の販売を目指します。

「見やすさ」と「使いやすさ」を両立

 静脈可視装置は、近赤外線を用いて静脈の太さや血管走行を可視化する装置です*1。注射や採血で静脈に穿刺する(針を刺す)際に用いられ、血管が細い方や小児の穿刺前の血管確認や、穿刺後に薬剤が血管に流れている様子の目視にも使用します。
 ベインビュアは、深さ10mmまでの静脈を皮膚に投影します。標準モードに加えて高精度モード、反転モードなど5種類の投影モードを標準搭載し*2、状況に応じた見やすさを目指しました。
 臨床現場での使いやすさにも配慮し、充電式バッテリーを採用しています。持ち運びやすいハンディタイプの「ベインビュア フレックス」と、スタンドタイプの「ベインビュア ビジョン2」を展開します。
 テルモは輸液セット、輸液ポンプ、注射器、留置針、輸液剤など、薬剤投与に関する製品を幅広く展開しており、本製品の導入で、医療現場の安全性と効率性へのさらなる貢献を目指します。

ベインビュアの使用イメージ

投影画像の様子(標準モード)

 

一般的名称:可搬型手術用顕微鏡 販売名:ベインビュア フレックス
医療機器届出番号:28B2X10008000007 特定保守管理医療機器
希望小売価格(税別):1,600,000円

一般的名称:可搬型手術用顕微鏡 販売名:ベインビュア ビジョン2
医療機器届出番号:28B2X10008000008 特定保守管理医療機器
希望小売価格(税別):2,600,000円

 

*1 近赤外線には血液に吸収される性質があるため、皮膚の表面に照射すると、血液に吸収されなかった近赤外線が装置に向けて反射されます。静脈可視装置はこの反射されたデータを解析し、皮膚に画像として投影します。

*2 ユニバーサルモード(標準モード)、ファインディティールモード(高精度モード)、インバースモード(反転モード)、リサイズモード(対象に応じた3段階の投影サイズ選択が可能)、マックスブライトモード(標準より40%明度をアップ)、カラーモード(背景色を黄色または白から選択可能。ベインビュア ビジョン2のみ搭載)

※ベインビュアは、ウシオ電機株式会社の米国子会社クリスティー・メディカル・ホールディングス社が製造し、クリスティー・メディカル・ホールディングス社の商標です。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.