文字サイズ

プレスリリース 2018

2018年02月13日

テルモ、子会社バスクテック社の本社工場に約50億円投資
生産設備拡充で血管事業の成長を支える

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、このたび、英国スコットランド子会社バスクテック社の本社工場の生産設備を拡充します。クリーンルーム増設、滅菌設備更新、レイアウト刷新などにより、高付加価値製品を増産し、中長期的な収益改善を図ります。投資額は約50億円で、2018年4月から2021年まで、既存の生産を継続しながら順次拡充をします。
 テルモ心臓血管カンパニーの血管事業は、バスクテック社と2017年3月にテルモグループに加入したボルトン・メディカル社を中心に、人工血管とステントグラフトを展開しています。世界的に高い市場シェアを持つ外科用人工血管が成長を安定的に支える一方、オープンステントグラフト「ソラフレックス ハイブリッド」やボルトン社の胸部ステントグラフトなどが成長を牽引しています。
 このたびの投資で、オープンステントグラフトの増産と生産現場の改善を進め、さらなる成長を目指します。

Thoraflex Hybrid増産予定のオープンステントグラフト「ソラフレックス ハイブリッド」
欧州を中心に世界約30カ国で販売されており、
胸部大動脈に起こる瘤や解離の治療に使用される

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.