文字サイズ

プレスリリース 2018

2018年01月09日

年賀式挨拶「コミュニケーションを強化して、グループ総合力を高める」
テルモ株式会社 代表取締役会長 三村孝仁

※年賀式での社内メッセージの抜粋です。

 明けましておめでとうございます。年頭にあたり、コミュニケーションの強化についてお話しします。

 「コミュニケーションの強化」は、今年度から始まった新経営体制で、いつも意識しているポイントです。「コミュニケーション」の語源は、ラテン語の「Communis(コミュニス)」と言われており、「共通化する」という意味があります。情報を相手に伝えるだけでは不十分で、情報を受け手が正しく受け止め、共通認識になって初めて、コミュニケーションが成立した状態と言えます。

 私が考える「コミュニケーション」は、アソシエイト*間での情報伝達・意思疎通から一歩進んだ「心の通い合い」です。
 2万人以上のテルモアソシエイトは、様々な文化、言語、宗教、慣習の下に暮らしています。また、近年グループに加わった子会社には、各々が持っていた企業文化もあります。
 それぞれ違いがあることを認識してものごとの背景や相手のことを理解しようとする、その上で本音で語る、異なる意見も遠慮なく言える、成功は共に喜ぶ、そんな風土をグループ全体で作っていきたいと思います。

 2017年度、2018年度、そして創立100周年を迎える2021年と、コミュニケーションを強化して、グループ一体となって進んでいきましょう。

(参考)年賀式概要
日時:2018年1月9日(火)9:00~9:30
会場:テルモ湘南センター(神奈川県足柄上郡中井町)
 ※会場から国内各事業所に中継で開催

*テルモでは、共に働く仲間という意味を込めて社員を「アソシエイト」と呼んでいます。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.