文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年10月04日

1996年から22年連続 テルモ、2017年度グッドデザイン賞を受賞
「ビジキューブ、アルタビュー」「エレマーノ2」

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、このたび、血管内超音波システム「ビジキューブ、アルタビュー」と医用電子血圧計「エレマーノ2」が、公益財団法人日本デザイン振興会主催「2017年度グッドデザイン賞」を受賞したことをお知らせします。
 テルモは、同賞を1989年に初受賞し、1996年以降22年連続で受賞しています。
 ※審査委員の評価は、グッドデザイン賞Webサイト(http://www.g-mark.org/)に掲載されている文章を引用しています。

受賞製品

受賞対象名:血管内超音波システム「ビジキューブ、アルタビュー」
一般的名称・販売名:循環器用超音波画像診断装置「ビジキューブ」(227ABBZX00040)、中心循環系血管内超音波カテーテル「アルタビュー」(22800BZX00267)
審査委員の評価:
 画像の高精細化、画像の取得と処理の高速化、装置の軽量化など、機能と性能を向上させていると同時に、1つのコンポーネントに、ケーブル収納カバー、支柱、エアダクト、MDU収納の機能を持たせることでコンパクト化しており、血管内超音波検査機器に求められるデザイン要件を統合的に進化させている点を評価した。
※ビジキューブは上田日本無線株式会社の登録商標です。

受賞対象名:医用電子血圧計「エレマーノ2」
一般的名称・販売名:医用電子血圧計「テルモ電子血圧計H56」(228AHBZX00029)
審査委員の評価:
 医療現場で10年以上親しまれている電子血圧計のモデルチェンジ。保持部と表示部が明快に分かれているフォルムは、操作のアフォーダンスを伴った象徴的なシルエットである。手の大小に関わらず効率よく加圧できるゴム球の設計も秀逸。日々の医療の現場に求められるニーズを熟知した上で、細かい使い勝手まで良く練られており、これまで以上に現場において愛されるに違いないデザインである。

IVUSビジキューブ、アルタビュー

医用血圧計エレマーノ2

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.