文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年09月28日

テルモ、南カリフォルニアのカテーテル事業拠点稼働
脳・末梢血管領域の研究開発を加速

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、米国カリフォルニア州で脳・末梢血管領域の研究開発・生産を担う拠点が、9月25日に本格稼働したことをお知らせいたします。
 この拠点は、脳血管事業の本部、研究開発、生産の機能が統合された拠点で、最新のX線血管撮影装置を設置した医療トレーニング施設も備えています。面積は従来の約2倍に拡大し、成長著しい脳血管内治療市場における事業成長を支えます。
 また、脳血管事業は、その開発リソースと技術を活用し、TIS事業の末梢血管領域製品も開発しています。このたびの拠点稼働によって、グローバル市場への展開を視野に入れた治療用カテーテル製品の研究開発を加速させます。
 テルモはこれからも、日本発のグローバル企業として、製品・供給・サービスの質を高めたトータルクオリティを提供し、世界の医療現場から信頼されるトップブランドを目指してまいります。

拠点概要

 

所在地 米国カリフォルニア州アリソ・ビエホ
事業内容 脳・末梢(腹部・下肢)血管領域製品の研究開発・生産・販売
開発・生産品目 塞栓コイル、脳血管用ステント、バルーンカテーテル、塞栓ビーズなど
稼働 2017年9月
面積 約19,000㎡(20万5千平方フィート)
社員数 800人超

拠点写真

拠点完成予想図完成予想図

※Terumo Interventional Systems:心臓・末梢血管のカテーテル関連製品を扱っています。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.