文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年08月01日

テルモ、「輸液ポンプ28型」を発売
従来機種から30%軽量化

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、「テルフュージョン輸液ポンプ28型」を8月21日から全国の医療機関に向けて販売いたします。輸液ポンプ全体で、2017年度に約28億円の売上を目指します。
 輸液ポンプは、輸液剤等の医薬品や血液を、設定した時間あたりの流量で持続的に送液するための医療機器で、病棟や手術室などで数多く使用されています。
 輸液ポンプ28型は、操作や管理を行う医療従事者にとってやさしいポンプを目指して、操作方法を従来機種から変えることなく、動作状況が分かりやすい画面への変更や、無線による外部通信機能の追加などを行いました。また、重さが約1.5kg、内蔵バッテリの連続使用時間が5時間以上※1と、従来機種と比べて、約30%軽量化、内蔵バッテリ駆動時間は2.5倍になりました。
 テルモは、輸液システムのリーディングカンパニーとして、これからも医療現場のリスク低減や効率化につながる製品・サービスを提供してまいります。

輸液ポンプ28型点滴スタンドに取り付けた輸液ポンプ28型

28型データ通信近距離無線によるデータ通信

製品概要

 

 主な仕様  28型

 TE-261

 (従来機種)

 TE-161S

 (従来機種)

 TE-281N  TE-281A
 アンチフリーフロー機能※2  なし※3  あり  あり  なし
 ポンプ方式  ミッドプレス※4  ミッドプレス※4  ミッドプレス※4
 流量設定範囲  1~600mL/h  1~500mL/h  1~500mL/h
 質量  約1.5kg  約2.2kg  約2.1kg
 内蔵バッテリ連続使用時間※1  約5時間以上  約3時間以上  約2時間
 外部通信機能※5  近距離無線※6  有線※7  有線※7
 点滴スタンド等への取り付け  ワンタッチポールクランプ  ポールクランプ  ポールクランプ

 

一般的名称 汎用輸液ポンプ
販売名 テルフュージョン輸液ポンプ28型
医療機器承認番号 22800BZX00448
希望小売価格(税別) 490,000円

※1:流量25mL/hでの連続送液、周囲温度25℃、新品バッテリ、満充電時
※2:薬液等が意図せず大量に投与される「フリーフロー」を防止するため、輸液ポンプのドアを開けると自動的に専用輸液セットのクリップが閉じる機能
※3:アンチフリーフロー機能を有効にすることも可能
※4:安定した注入とチューブ・薬液等への物理的ストレス軽減のために、チューブを完全に押しつぶさずに輸液するテルモ独自の方式
※5:動作履歴などのデータを出力する機能
※6:NFC(非接触通信の国際規格Near Field Communication)
※7:RS-232CまたはRS-485

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.