文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年07月24日

テルモ、耐キンク性を強化したCVポート「DewX Eterna」を発売 グループ全体で医療安全への貢献を目指す

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:佐藤 慎次郎)は、埋込み型薬剤注入システム「DewX Eterna」(デュークスエテルナ)を、本日7月24日から全国の医療機関に向けて販売いたします。
 DewX Eternaは、抗がん剤の持続的投与や中心静脈栄養に用いられる中心静脈ポート(CVポート)です。2013年に発売した従来品の耐キンク性(耐折れ曲がり性)を向上させるため、新たに樹脂の編み込みをカテーテルに施しました。2017年度末の市場シェア10%を目指します。
 近年、がん治療における外来化学療法や在宅での中心静脈栄養が普及しています。CVポートは皮下に埋め込むことによって、毎回、血管に直接針を刺さずに薬液を投与できるため、痛みや血管損傷の軽減が期待できます。このようなメリットにより、CVポートの使用機会は増加していますが、一方で、埋め込み時の誤穿刺やカテーテルの閉塞、感染などのリスクもあるため、より安全なシステムへのニーズも高まっています。

 テルモは、「グループ総合力の発揮」を、中長期成長戦略を実行するうえでのポイントの一つとして掲げています。DewX Eternaには、テルモが針、人工肺、心臓カテーテルなどで培ってきた加工やコーティングの技術が活用されています。また、製品紹介、手技啓発、医療安全支援などの活動でも心臓血管カンパニーとホスピタルカンパニーが協力して行う予定です。これからも、テルモグループの総合力を生かし、さらなる医療安全への貢献を目指します。

製品特長

1. 耐キンク性を向上させるため、樹脂の編み込みを施したカテーテルを採用
2. 前胸部に留置するタイプに加えて、上腕・前腕部に留置しても目立たないようにポートを小型化したタイプも品ぞろえ
3. 誤穿刺のリスクを低減するため、超音波ガイド下でも針先が見えやすい超音波対応穿刺針を採用
4. カテーテル挿入時の血液漏れや逆流を防止するために、防止弁付きのシースを採用
5. 血球・血漿タンパクの吸着を抑制し、血液の異物接触反応の軽減を目的とした非生物由来のポリマーコーティングをポート内面とカテーテル内外面に採用

DewX Eterna(左)埋込み型薬剤注入システム「DewX Eterna」
(中央)ポートとカテーテル
(右)樹脂を編み込んだカテーテル(プラスチックブレイド構造)

 

一般的名称 長期的使用注入用植込みポート
販売名 テルモ インプランタブルポートセット
医療機器承認番号 22500BZX00078
希望小売価格(税別) 73,000円

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.