文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年01月31日

テルモ、ヤンゴン支店開業
―ミャンマーの医療技術発展への貢献を目指す―

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:新宅 祐太郎)は、2017年1月にヤンゴン支店での業務を開始しましたので、お知らせいたします。
 ミャンマーは、2011年の民政移管以降、高い経済成長※1と医療関連市場の拡大を続け、今後も持続的な成長が見込まれる一方、医療環境の整備は遅れています。※2
 テルモは、1990年代からミャンマーにおける事業※3を開始し、その後の継続的な営業活動により、現在ではカテーテル、人工肺、血液バッグ、血糖測定器、輸液システムなど幅広い製品群で高い市場シェアを有しています。
 このたび、同国最大都市であるヤンゴンに支店を開業することで、より現地に密着した体制を構築し、同国における事業の拡大を図るとともに、医療トレーニングなどを通じて医療技術発展への貢献を目指してまいります。

ヤンゴン支店の概要

名称 Terumo Singapore Pte. Ltd. (Yangon Branch)
  (テルモシンガポール社※4 ヤンゴン支店)
所在地 ミャンマー連邦共和国 ヤンゴン市
設立日 2016年6月23日
開業日 2017年1月9日
社員数 3人(2017年1月現在)

※1:年間の実質GDP成長率6~9%(IMF "World Economic Outlook Database"より)
※2:外務省「世界の医療事情」より
※3:現地代理店を通じた販売
※4:テルモが議決権を100%所有する連結子会社

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.