文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年01月19日

テルモ、米国ボルトン社を買収し、血管事業の成長を加速

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:新宅 祐太郎)は、このたび、大動脈瘤治療に用いるステントグラフトを製造・販売するBolton Medical, Inc.(本社:米国フロリダ州、以下「ボルトン社」)とその関連する事業をボルトン社の親会社から買収することに合意いたしました。
 テルモは大動脈瘤治療機器の人工血管とステントグラフトを製造・販売しています。本買収により、ステントグラフトの製品ラインアップを広げるとともに、最大市場である米国への参入機会を得ることで、血管事業のさらなる成長につなげます。
 本買収は今春に手続き完了を見込んでおり、買収資金は手元資金および負債による調達を予定しております。また、本買収に伴うテルモの業績、財務状態に与える影響については現在精査中です。

ボルトン社概要

会社名 Bolton Medical, Inc.
設立 1998年
本社所在地 米国フロリダ州
事業内容 胸部・腹部ステントグラフトの製造・販売
売上高 約45百万ユーロ(2016年度)
社員数 約300名(2016年12月現在)

テルモ心臓血管カンパニー血管事業概要

事業本部 バスクテック社
  (英国スコットランドに所在、2002年にテルモグループ加入)
事業内容 人工血管・腹部ステントグラフトの製造・販売
売上高 約139億円(2015年度)

(※)ステントグラフトは、大動脈瘤の治療を目的として使用される医療機器の一種です。カテーテルにより血管内に留置され、大動脈瘤への血流を遮断します。
 大動脈瘤の治療法としては、外科的に患部を人工血管に置換する手術を行うのが一般的ですが、患者さんの負担軽減などの観点から、ステントグラフトを使用する手術も拡大しています。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.