文字サイズ

プレスリリース 2017

2017年01月10日

年賀式挨拶「日本発のグローバル企業を目指して」
テルモ株式会社 代表取締役社長CEO 新宅祐太郎

 明けましておめでとうございます。
 新年の始まりにあたり、グローバル化と反グローバル化の動きについて話します。

 2016年は単純なグローバル化に反発が出た年でした。イギリスのEU離脱、米国大統領戦のトランプ氏勝利などは、グローバル化の進展に対する反動が1つの原動力となった動きです。一方で、企業活動においてはグローバル化が加速しており、その動きに合わせた経営戦略が必要不可欠です。

 昨年12月12日に発表し、本年4月から始まるテルモの中長期成長戦略では「日本発のグローバル企業」というキーワードを掲げました。
 テルモは、品質へのこだわりなどの日本らしさが世界に認められてここまで成長してきました。これからも海外売上比率は大きくなり、グローバル化が進みます。グローバル化による多様性と日本で生まれた企業であるというアイデンティティの両方を大切にすることが、テルモの成長として重要な要素だと思います。皆さんも自身の業務の中でも、「日本発のグローバル企業」として成長するには何が必要かをよく議論することが重要です。

 また、4月からは、三村会長と佐藤社長の新経営体制に移行します。
 リオデジャネイロ五輪で活躍した陸上男子400メートルリレー選手のように、私たち経営陣も流れるようなバトンパスに努めます。2017年がテルモの飛躍に向けて確かな年になるように、皆さんにも新経営体制と共に走り抜けることを期待しています。

(参考)年賀式概要
 日時:2017年1月10日(火)9:00~9:30
 会場:テルモ東京オフィス(東京都新宿区)
  ※会場から国内各事業所に中継で開催。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.