文字サイズ

プレスリリース 2016

2016年09月29日

テルモ、2016年度グッドデザイン賞受賞
「アルチマスター」「テルパックエコ」「ロイコメドC フィルムドレッシング」

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:新宅 祐太郎)は、このたび公益財団法人日本デザイン振興会主催「2016年度グッドデザイン賞」において、薬剤溶出型冠動脈ステント「アルチマスター」、輸液剤容器「テルパックエコ」、創傷フィルムドレッシング「ロイコメドC フィルムドレッシング」の3製品で受賞しました。
 ※審査委員の評価は、グッドデザイン賞Webサイト(http://www.g-mark.org/)に掲載されているものを引用しています。

受賞製品

販売名:アルチマスター
一般的名称:冠動脈ステント
医療機器承認番号:22700BZX00224
審査委員の評価:名前通り、薬剤溶出ステントの究極の形とも言える商品である。コバルトクロミウムを使用し強度をあげることでステント壁を薄くし、血管壁に対する柔軟性に富んだデザインになっている。また、生体分解で安全なポリマーを使い、有効性・安全性を高めるための工夫がなされている。パッケージも美しく、日本製が少ない領域で高品質の商品を生み出していることも評価された。

Ultimaster

受賞対象名:輸液剤容器「テルパックエコ」
審査委員の評価:イノベーションが少ない点滴バッグの領域において、単に形状の機能美のみならず、工程においてCO2の排出を少なくすることを実現した社会的な意義も高く評価された。角の取れた丸いデザインは患者に安らぎを与え、穿刺針が見えやすいようにされた工夫も安全性を高める。

テルパックエコ

販売名:ロイコメドC フィルムドレッシング
一般的名称:救急絆創膏
医療機器届出番号:13B1X10103000034
審査委員の評価:術後創傷は早期の回復が求められるため、継続的な経過観察が必要であり、この創傷フィルムは皮膚に対する負担を少なくするとともに優れた透視性をもつ点で有用性が高い。患者、術者の双方にメリットをもたらすことが期待されるうえに、高いデザイン性も評価された。

ロイコメドC

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.