文字サイズ

プレスリリース 2016

2016年05月02日

テルモ英国子会社バスクテック、英国女王賞(イノベーション部門)を受賞

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:新宅 祐太郎)の連結子会社であるバスクテック社(Vascutek Ltd. 所在地:英国 スコットランド)は、英国ビジネス分野で最高栄誉とされる「英国女王賞」(The Queen's Awards for Enterprise)のイノベーション部門賞を受賞しましたので、お知らせいたします。

受賞製品と受賞理由

 今回の受賞は、胸部大動脈に起こる解離や瘤の治療に使用される人工血管「ソラフレックス ハイブリッド」(Thoraflex Hybrid)の技術が評価されたものです。
 本製品は、2012年に欧州で発売され、現在、世界約30カ国で販売、累計で1400例以上の使用実績があります。
 バスクテック社が世界的に高いシェアを持つ外科用人工血管の技術に、同じく同社が有するステントグラフト技術を組み合わせることで、治療成績の向上と患者さんの負担軽減を実現したことが評価されました。

Thoraflex Hybrid欧州を中心に販売されている
人工血管「Thoraflex Hybrid」

留置イメージ「Thoraflex Hybrid」を
大動脈に留置したイメージ図

バスクテック社概要

社名  :Vascutek Limited
本社  :Newmains Avenue Inchinnan Renfrewshire, PA4 9RR, Scotland, UK
事業内容:人工血管の開発・製造・販売
社員数 :845名(2016年3月末)

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.