文字サイズ

プレスリリース 2016

2016年04月27日

テルモとウェルビーが、患者自己管理サービスで連携

 株式会社ウェルビー(本社:東京都千代田区、代表取締役:比木武、以下ウェルビー)と、テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:新宅祐太郎、以下テルモ)は、糖尿病や高血圧の患者向け自己管理を支援するデジタルサービス「Welbyマイカルテ」において、サービス連携をしましたので、お知らせします。
 このたびのサービス連携で、ウェルビーが新たに提供をする「Welbyマイカルテ」Androidアプリ版において、テルモの血糖測定器などの各計測機器で測定したデータを容易に取り込むことができます。非接触通信の国際規格であるNFC(Near Field Communication)を介し、各計測機器をスマートフォンにタッチするだけで、データがアプリに取り込まれ自動でグラフ化できるなど、より簡単に自己管理することが可能となります。
 ウェルビーとテルモは、「Welbyマイカルテ」Androidアプリ版の企画・制作において、通信機能付きバイタルサイン測定機器シリーズ「HRジョイント」との連携を想定した画面デザイン、システム開発を行い、同シリーズとの連携に最適化されたAndroidアプリとして提供をします。ウェルビーとテルモは、今後も患者さんの自己管理に役立つサービスを展開してまいります。

Welbyマイカルテ Androidアプリ版画面イメージと利用イメージ

welbyマイカルテ
 テルモは、ICカードリーダー/ライターにタッチするだけで、体温、血圧、血糖値などの測定データを電子カルテなどに自動送信することができる、通信機能付きバイタルサイン測定機器シリーズ「HRジョイント」の販売をしています。このシリーズは、病棟、外来、地域医療、在宅医療などの多様な医療現場と患者さんのニーズに合わせて活用されています。
 ウェルビーは、2011年よりPHR(Personal Health Record)サービス提供企業として、日本国内の医療機関、健保組合、自治体向けにPHRサービスの提供を行っています。現在では、糖尿病領域を中心とした生活習慣病の治療支援PHRサービス「Welbyマイカルテ」をはじめとして国内最大規模の会員を持つ他、がん系疾患を対象とするPHRサービスの提供を開始するなど、幅広い疾患領域において治療支援デジタルサービスを提供しています。

このたびのサービス連携では、各社から提供される、以下の製品・サービスが対応しています。

■テルモ|各計測機器
・血糖計:メディセーフフィットスマイル、メディセーフフィット
・歩行強度計:メディウォーク
・血圧計:テルモ電子血圧計W700
・体組成計:テルモ体組成計B100

■ウェルビー|患者向けデジタルサービス
「Welbyマイカルテ」Androidアプリ版の利用が可能です。

Google Play | ダウンロードはこちらから
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.welby.karte

お問い合わせ窓口

◇テルモ製品に関するお問い合わせ
●テルモ・コールセンター
●電話番号: 0120-008-178 (9:00~17:00、土・日・祝日を除く)

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.