文字サイズ

プレスリリース 2015

2015年04月06日

テルモとオリンパス、米国でのカテーテル製品の業務提携を泌尿器・消化器で拡大

 テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長 新宅祐太郎、以下「テルモ」)とオリンパス株式会社(本社:東京都新宿区 社長 笹宏行、以下「オリンパス」)は、このたび、米国における医療用カテーテル製品の業務提携を拡大することで基本合意しました。既に提携の核心領域となっている消化器分野での品種拡充に向けた機会の開拓に加え、米国の泌尿器分野では両社間で初となる販売提携を開始します。医療機器の世界最大市場である米国での成長を、両社の強みを活かすことで実現していくことが今回の提携拡大の狙いです。

 

 提携により、最も認知されているガイドワイヤーブランドが業界トップの内視鏡製品ブランドに加わります。オリンパスは米国ほか世界で高い内視鏡のシェアを有しています。オリンパスとテルモは2009年から共同で、胆管の内視鏡手術の際に処置具を導くガイドワイヤーを開発・販売してきました。

 

 テルモは泌尿器、消化器分野でオリンパスの米国におけるプレゼンスやマーケティング部門の恩恵を受ける一方、オリンパスはテルモ製ガイドワイヤーを製品ラインアップに加えることができます。テルモのガイドワイヤーは米国で診断や血管内治療で広く支持を得ています。提携による研究開発を通じた取り組みを進め、治療品質の改善および幅広い低侵襲手術の普及を目指します。

 

 テルモの製造するガイドワイヤーをテルモ米国子会社のTerumo Medical Corporationを通じて、オリンパスの米国子会社であるOlympus America Inc.へ供給します。Olympus America Inc.が泌尿器分野および内視鏡分野で、2015年5月からテルモ製品を米国で順次販売する予定です。この提携における当初の重点分野は、オリンパスが豊富な製品ラインアップを有する泌尿器市場です。また、オリンパスの消化器分野の製品ラインアップのさらなる強化に向けた取り組みも進めます。

 

 この提携拡大で、テルモは2016年度に10億円規模の売上を見込みます。なお、米国での心臓・末梢血管、脳血管分野のカテーテル製品はテルモがこれまで通り単独で販売します。

 

 

 

 

 

 

 

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.