文字サイズ

プレスリリース 2014

2014年10月31日

日本発、世界初の心筋再生医療の実用化へ向けて テルモ、骨格筋芽細胞シートの製造販売承認を申請

  

   テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅祐太郎)は、虚血性心疾患による重症心不全を対象とした骨格筋芽細胞シートについて、昨日、厚生労働省へ再生医療等製品として、製造販売承認申請を行いましたのでお知らせいたします。 

  

   本申請が承認されますと、世界初の心筋再生医療製品となり、心不全治療における新たな選択肢として期待されます。

 

   当社は心筋再生医療について、2007年より細胞シートの開発に着手し、2012年から国内3医療機関で治験を開始、本年完了いたしました。骨格筋芽細胞シートは、NEDO※のプロジェクトで大阪大学 澤芳樹教授が開発を進め、臨床研究が実施されています。当社は、大阪大学との共同研究を進め、先端医療開発特区「スーパー特区」の「細胞シートによる再生医療実現プロジェクト」(研究代表者:東京女子医科大学 岡野光夫教授)に参加し、更なる実用化検討を進め、本治験の実施に至っております。

※独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

 

骨格筋芽細胞シートを使った心機能の改善

  

   患者さんの大腿部より筋肉組織を採取し、組織内に含まれる骨格筋芽細胞を体外で培養してシート状にします。それを傷んだ心筋の表面に貼ることで、重症心不全の病態改善が期待できます。この細胞は患者さん自身から採取するため、拒絶反応がないことが特徴として挙げられます。

 

 

 

移植までのながれ

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.