文字サイズ

プレスリリース 2014

2014年03月31日

テルモ、通信機能付バイタルサイン測定機器シリーズ
HRジョイント®にエレマーノ®血圧計を追加

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅 祐太郎)は、患者さんの体温や血圧、血糖、血中酸素飽和度などの値を、電子カルテなどに自動送信ができる通信機能付バイタルサイン測定機器シリーズ「HRジョイント※1」に医用電子血圧計「エレマーノ血圧計」を追加し、この度、医療機関向けに販売を開始しました。

「HRジョイント」は、機器をNFC※2リーダーにかざすだけで、測定データを電子カルテなどに自動送信することができる測定機器シリーズです。病棟では、1日に数回、患者さんの体温や血圧などを測定し、多くは看護師が手作業でカルテへ記入しています。このような医療現場での入力作業の効率化や、転記ミスの低減、タイムリーなデータ共有が実現できます。
 

今回エレマーノ血圧計をHRジョイントに加えることで、体温計、血圧計、パルスオキシメータ、血糖測定器の4分野、計7機種のラインアップとなります。
HRジョイントシリーズでのエレマーノ血圧計の14年度の売上目標は、3億円です。

テルモは、「医療を通じて社会に貢献する」という企業理念のもと、医療現場の効率化によって医療の質の向上に貢献できる商品やサービスの提供に努めてまいります。

 

※1 HRジョイントのHRは、Health Recordの頭文字です。
※2 NFC (Near Field Communication):近距離無線通信技術の国際標準規格

300HRジョイント

300測定値をNFCリーダーに自動送信「エレマーノ血圧計」

医用電子血圧計 「エレマーノ血圧計」

300

<特長>
・確実に測定するためテルモ独自のダブルカフ方式を採用

ダブルカフ方式は、阻血専用の大カフと脈波検出専用の小カフの2つのカフを採用することで、脈波の減衰を小さくし、血圧値の測定ごとのばらつきを抑える技術です。
これにより、低血圧の患者さんや脈の弱い患者さんの血圧測定も可能です。


・手動加圧方式で片手操作が可能



販売名:テルモ電子血圧計H55  医療機器認証番号:21400BZZ00037 特定保守管理医療機器
エレマーノ血圧計はテルモ電子血圧計H55のペットネームです。

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.