文字サイズ

プレスリリース 2013

2013年10月10日

テルモ、2013年度グッドデザイン賞受賞
「メディウォーク」「テルモ電子体温計C215、P330」

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅 祐太郎)は、このたび公益財団法人日本デザイン振興会主催「2013年度グッドデザイン賞」において、テルモ歩行強度計「メディウォーク」と、「テルモ電子体温計C215/テルモ電子体温計P330」の2品種で受賞しましたのでお知らせいたします。

受賞商品

■テルモ歩行強度計 「メディウォーク®

メディウォークは、糖尿病など生活習慣病の治療における運動療法をサポートするため、運動効果の高い中強度の歩き(速歩き)を測定・記録します。中強度の歩きになると炎マークが光って知らせたり、中強度の歩き時間など、自分の歩きの強度を確認することができます。また、目標達成度を一目で分かりやすく表示したり、複雑なボタン操作を排除するなど、モチベーションを維持し、継続しやすくする工夫をしました。NFC※1を搭載し、パソコンなどへデータ送信が可能です。

 

測定・表示項目:

歩きの強さ、中強度の歩き時間、歩数、歩行距離、消費カロリー、総消費カロリー、90日間メモリー、時刻

 

<審査委員の評価※2

「誰にとっても難しい生活習慣病の自己管理は、機器が人とどの様な関係で存在するかが重要になってくる。メディウォークはボタン操作を1つに集約、大きい文字表示、達成度合いが長さで判るグラフ表示によって、ユーザーが視覚的に情報が受け取れるよう工夫し、デザインで明解な解決をしている。また、計測データをPC端末へ取り込み、通信する機能は、医師への正確な状況報告を可能にし、日常の自己管理と医療が連動することで継続性を高めるとして普及に期待する。」

 

625

販売名:メディウォーク

 

※1  NFC (Near Field Communication):近距離無線通信技術の国際標準規格

※2 審査委員の評価等詳細は、グッドデザイン賞WEBサイト(http://www.g-mark.org/)に掲載されています。

 

■通信機能付き体温計「テルモ電子体温計C215」、メロディ音®体温計「テルモ電子体温計 P330」

同じ形状の2機種は、それぞれの特長が評価され、同時受賞となりました。テルモ電子体温計C215は、医療機関向けの体温計で、NFC※1の搭載により、かざすだけで電子カルテなどにデータを取り込むことができます。医療現場での煩雑な測定値の入力作業や転記ミスを低減することで、医療サービスの向上を目指しました。

また、テルモ電子体温計P330は、一般向けの体温計で、高齢者にも検温終了音を聞き取りやすくするため、音を大きくし、幅広い音域がバランスよく含まれている「メリーさんのひつじ」のメロディーを採用しました。

 

<審査委員の評価※2

「視認性の高いディスプレイ表示と、識別性の高い配色によるボタンが使いやすさを感じさせる。柔らかな造形による外観は安心感があり、本体側面の窪みによって保持しやすい形状となっている。加齢に伴う老人性難聴者は60歳以上の4人に1人の割合とも言われるが、特に高音部の聞き取りがしづらくなるため、測定終了音をブザーではなくメロディ音で伝えてあげることは効果的であろう。医療向けと一般向けの体温計を同一筐体で展開することで開発の合理化を図っているが、より高い信頼感が求められる医療向け製品の側面と、使いやすさと安心感が求められる家庭向け製品の側面がうまく融合した製品になっている。」

625

(上)販売名:テルモ電子体温計C215 医療機器認証番号:225ADBZX00063

(下)販売名:テルモ電子体温計P330 医療機器認証番号:225ADBZX00062

 

■オクリュージョンマイクロバルーンカテーテル「アテンダント®デルタ」

当社のグループ会社であるテルモ・クリニカルサプライ(株)は、血管内治療において、一時的な血管閉塞に用いるオクリュージョンマイクロバルーンカテーテル「アテンダントデルタ」で受賞しました。

カテーテル治療の技術の高まりによって、特に肝臓がんの治療法の一つである「肝動脈化学塞栓術」の分野においては、より末梢血管での閉塞が可能なオクリュージョンバルーンが求められています。「アテンダントデルタ」は、細く入り組んだ末梢血管内への優れた到達性を実現させるため、外径を1.0mm以下と細くするとともに、当社のマイクロカテーテル「プログレート・シリーズ」で実績のある独自の親水性コーティングを採用しました。これらによって、より低侵襲的に血管深部でのカテーテル治療を行えることが期待されています。

 

<審査委員の評価※2

「本製品は、患部付近の末梢血管において、バルーンで血流を制御し、効果的に薬液を注入するための医療器具である。細く入り組んだ末梢血管への到達性を高めるため、従来品より外径を細くし、かつ独自の親水性コーティングを施すことにより、摩擦抵抗を低減している。末梢血管内を患部のより近くまで到達できることで、薬液の集中的、効果的注入が可能となり、高い治療効果を得ることができる。医師にとっての操作性が向上し、患者にとっても低侵襲で負担が軽減される、優れた医療機器となっていることを評価した。」

 

625625

販売名:アテンダント 医療機器承認番号:21600BZZ00269

 

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.