文字サイズ

プレスリリース 2013

2013年05月28日

テルモ、「患者さんの日」開催、グループ全体で企業理念を共有

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅祐太郎)は、企業理念「医療を通じて社会に貢献する」に立ち返り、想いを共有することを目的に、グループ全社員を対象にしたイベント「患者さんの日」を今年よりスタートさせました。国内外の各事業所で4月から5月にかけて行っており、日本では5月22日、東京大手町の日経ホールで開催しました。

「患者さんの日」(日本)の開催内容

テルモの医療機器を用いて治療を受けられた患者さんとその主治医をお招きし、製品開発者やMR(医薬情報担当者)を交えたパネルディスカッションを行いました。

心筋梗塞でカテーテル治療を受けられた方、糖尿病治療をされている方、また白血病で幹細胞移植を受けられた方から、ご自身の闘病体験や治療の経緯などについてお聞きしたことで、医療に携わる企業としての使命を再認識する場となりました。会場には本社地区の社員約5百名が参加し、また国内各事業所へも同時中継しました。

テルモは世界の患者さんに貢献できるよう、今後も事業活動に取り組んでまいります。

Y’s TP Day:Your Smile, Our Pleasure  Terumo Patient’s Day

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.