文字サイズ

プレスリリース 2012

2012年05月10日

テルモ、グローバル生産体制を拡充 ベトナム、フィリピンで生産拠点を新設・拡張

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅祐太郎)は、今後の成長戦略に基づき、中長期的に見込まれる需要の増大へ対応するため、海外の生産拠点を拡張します。ベトナム国内に2拠点目となる、新工場を開設するほか、ベトナム、フィリピンの既存工場の規模を拡張します。投資総額は150億円です。

新設するベトナム工場では、新興国をはじめ、世界で拡大する血液需要の増加に対応するため、血液バッグ類の生産を行います。
また、既存のベトナム工場では、日本の愛鷹工場(静岡県)と新設する山口工場(2015年操業予定)と技術連携し、二桁成長を続けるカテーテル製品の生産規模を拡張します。さらにフィリピン工場では注射器、針の増産に対応するため、新棟を建設します。
成長へ向けてグローバル競争力を高めるため、心臓血管、ホスピタル、血液システムの3つの事業領域すべてにおいて生産基盤を整えてまいります。

 

<テルモのグローバル生産体制>
テルモでは、グローバルで成長を加速しており、海外売上高比率が半分を超える中、海外生産比率も同様に引き上げる予定です。この中で、アジアを世界の生産センターとして位置づけ、すでに中国、フィリピン、ベトナムで生産を行っています。
一方で、医療機器には、開発から生産まで切り離すことができない製品開発プロセスがあり、また、海外への移管が難しい高度で精密な生産技術があります。海外生産比率を高めながら、国内生産拠点は、ものづくりのコア技術の育成と、改良改善を支える生産技術を磨くマザー工場として位置づけています。
 アジアと日本を軸にグローバル生産体制を整え、コスト競争力を高めながら世界の需要に応えてまいります。

 

拡張の内訳

■ベトナム ※工場新設
テルモでは、2011年4月に買収した米国CaridianBCT社と、既存の血液システム事業との統合を経て、2012年4月よりTerumo BCT社が本格始動しました。今後、新興国をはじめ、世界の血液需要の増加に対応するため、新規工場を建設します。なお、これによりテルモにおける血液システム製品を生産する工場は、日本、米国、中国、インド、英国(北アイルランド)に続き、5拠点目となります。

 

生産予定品目 血液バッグ類
生産開始時期 2015年夏頃(予定)
建設場所

ベトナム(候補地検討中) 

土地面積 10ha
出荷先 世界各国

 

■ベトナム ※工場拡張
新興国をはじめ、グローバルに需要が高まるカテーテル製品の増産のため、既存のベトナム工場の敷地に新棟を建設します。国内工場と技術連携し、世界の需要に応えてまいります。

  

生産予定品目 カテーテル製品
生産開始時期 2013年春頃(予定)
建設場所 ベトナム ハノイ市 ※既存工場敷地内
延床面積 20,000㎡
出荷先 世界各国

 

■フィリピン ※工場拡張
アジア、米州他、グローバルに需要が高まる注射器、針の増産に対応するため、既存のフィリピン工場の敷地に新棟を建設します。

  

生産予定品目 注射器、針製品
生産開始時期 2013年春頃(予定)
建設場所 フィリピン ラグナ州 ※既存工場敷地内
延床面積 9,700㎡
出荷先 世界各国


 
<参考:テルモ株式会社の主な生産拠点>
国内)

富士宮工場、愛鷹工場(静岡県)、甲府工場(山梨県) 他
     
海外)

テルモメディカル社(アメリカ)
テルモヨーロッパ社(ベルギー)
テルモカーディオバスキュラーシステムズ社(アメリカ)
テルモBCT社(アメリカ)
テルモペンポール社(インド)
テルモ医療産品(杭州)有限公司(中国)
テルモフィリピンズ社(フィリピン) 他


生産拠点 24(国内 5  海外19)2012年5月現在

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.