文字サイズ

プレスリリース 2011年

2011.6.29
テルモ、在宅患者さんに使用できる
携帯型輸液ポンプ「カフティーポンプS」を新発売
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅 祐太郎)は、退院後に自宅で輸液療法を行う患者さんが、簡単に安心して使える携帯型輸液ポンプ「カフティーポンプS」を6月27日より発売しました。

携帯型輸液ポンプは、口から栄養を摂取することができない患者さんが、自宅で点滴により栄養補給をする際に使用されます。がん治療を受ける患者さんが自宅で使用する機会が増えており、患者さんやご家族の高齢化が進む中、操作のしやすい機器が求められていました。

「カフティーポンプS」は、カセット式のチューブセットをワンタッチで装着でき、スイッチボタンの大きさや表示を弊社従来品よりも大きくしています。また、薬液を送り出すモーターの耐久性を向上させました。チューブセットを取り外す際に、自動でチューブをつぶし、薬液が流れないようにする機構をもつなど在宅用携帯型輸液ポンプとして唯一、医療事故対策のために設定された厚生労働省の基準に適合しています。

希望小売価格は30万円(消費税別)です。2011年度に、専用の輸液セット「テルフュージョンポンプ用チューブセット(フィルター付)」と合わせて、7億円の売上げを目指します。

※2001年発売「カフティ-ポンプ」

販売名: カフティーポンプS
医療機器承認番号: 22300BZX00129
特定保守管理医療機器




販売名: テルフュージョンポンプ用チューブセット (フィルター付)
医療機器認証番号: 20800BZZ00553

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.