文字サイズ

プレスリリース 2010年

2010.11.29
腕を通すだけで正しく装着、収納もコンパクトに
上腕式電子血圧計「テルモ電子血圧計R800」を新発売
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:新宅 祐太郎)は、腕に通すだけで正しく腕帯を装着することができ、測定後には腕帯を折りたたんで小さく収納することができる薄型コンパクトな上腕式電子血圧計「テルモ電子血圧計R800」を、12月1日より全国の家電量販店、ドラッグストアで順次発売いたします。今年度の販売目標は8千万円です。

販売名:テルモ電子血圧計R800
医療機器認証番号:222AABZX00180
販売価格:オープン価格
   

従来の腕帯は、腕帯の端をマジックテープで留めたり、締め具合を調整したりするなど、巻きの強さによる測定値のバラツキがありました。

「テルモ電子血圧計R800」は、新たに開発した「らくらくスルー腕帯ソフト」を採用しています。柔らかい筒状の腕帯で、タグを引き上げるだけで正しく装着ができます。さらに、コロトコフ法(聴診法)+ダブルカフにより(下記特長2参照)、正確な血圧測定をサポートします。また、リラックスした姿勢で血圧測定ができるよう、表示画面や表示角度など、使いやすさを追求しています。

<商品特長>

  1. 腕に通すだけ 「らくらくスルー腕帯ソフト」
    折りたたんで小さく収納できる柔らかい筒状の腕帯は、腕に通すだけで正しく装着することができます。締め具合を調整するなどの手間がなく、巻き具合が一定で、測定値のバラツキが少なくなります。
  2. コロトコフ法+ダブルカフで正確な測定をサポート
    コロトコフ法とは、医療機関で通常行っている血管音を聴いて測定する方式です。
    圧迫用の大カフ(空気袋)と血圧音をマイクに伝える小カフ(空気袋)のダブルカフ(2重構造)によって、正確な血圧測定をサポートします。

  3. お腹を圧迫しない姿勢が自然と保てる3つの特長
    ~正確な血圧測定には、前かがみにならない、ゆったりとした姿勢で測定することが大切です~
    1. 6.8型液晶大画面:
      離れていても数字がよく見えます。
    2. 表示角度60度:
      ゆったり背もたれ姿勢でも見やすい傾斜角度
    3. 80cmロングチューブ:
      前かがみにならないゆとりの長さ
     
  4. リラックス音楽機能・音声ガイド機能を搭載
    測定中にはモーツァルトのメロディが流れ、また測定の手順を音声で案内し、測定終了時には、測定値(血圧値、脈拍)をアナウンスします。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.