文字サイズ

プレスリリース 2009年

2009.9.15
患者さんの使いやすさを追求
テルモ、血糖測定システム「メディセーフフィット」を新発売
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋 晃)は、糖尿病の患者さんが血糖の管理に使う血糖測定システムの新商品「メディセーフフィット」を全国の医療機関向けに、9月24日より発売いたします。

糖尿病の患者さんにとって、治療や病状の進行を防ぐために、日々の血糖のチェックと管理がとても重要です。そのために、患者さん自身が針を指に刺し血糖測定を行いますが、血糖測定器で上手く血液を採取しにくいという患者さんの声がありました。

患者さんの使い勝手を高めるため、実際に患者さんが血糖測定する場面を調査したところ、血糖測定器を持ち上げてテーブルの上で測定しているケースが多くあることが分かりました。そこで、「メディセーフフィット」は、患者さんの動作を分析し、人間工学に基づき開発され、持ちやすく安定感のある形状を実現しました。さらに、液晶画面の表示を工夫するなど、患者さんの使いやすさを追求しています。

また、医療機器では初めて※1 FeliCa※2を搭載することで、短時間でパソコンに測定値データを取り込み、グラフ化することができるので、医療機関での患者さんへの治療指導にも活用いただけます。

※1 当社調べ     ※2FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触 ICカードの技術方式です。

販売名: メディセーフフィット

< 商 品 特 徴 > 

■ 持ちやすく、使いやすいデザイン 

実際に、患者さんが血糖測定する場面を調査し、人間工学に基づいた「本体先端部のカーブ」や「本体に厚みをつけた立体形状」のデザインにしました。これにより、患者さんがどのような持ち方をしても測定しやすく、また、血糖測定器本体をテーブルに置いて測定する場合にも使いやすい形状となりました。

■ 見やすい液晶表示

数値の読み間違いを防ぐため、従来のデジタル表示から、ドット液晶表示を採用することで、数値などを見やすくしました。

また、従来のアイコン表示では、どのようなメッセージなのか、何をしなければならないのか分かりにくいという患者さんの声が寄せられていました。この声を元に、日本語でメッセージと対処方法を表示することで、分かりやすくなりました。

■ 医療機関での治療指導に貢献

医療機器では初めて※1 FeliCa※2を搭載しました。これにより、短時間で血糖値データをパソコンに取り込み、データのグラフ表示や印刷が可能になりました。医療機関での治療指導のなかで、患者さんへのフィードバックに活用いただけます。

※1 当社調べ  
 ※2FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触 ICカードの技術方式です。

<希望小売価格 (各消費税別)

メディセーフフィット 10,500円/台
メディセーフフィットチップ 3,600円/30個入/箱
メディセーフフィット血糖測定セット

※セットに含まれるもの:

メディセーフフィット 1台
メディセーフファインタッチ(穿刺ペン) 1本
メディセーフ針(ファインタッチ専用)30本

13,000円

販売名:メディセーフフィット 医療機器承認番号:22100BZX00858 特定保守管理医療機器
販売名:メディセーフフィットチップ   体外診断用医薬品
販売名:メディセーフファインタッチ
医療機器届出番号:13B1X00101000032  
販売名:メディセーフ針
医療機器認証番号:20900BZZ00076  
     
FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.