文字サイズ

プレスリリース 2009年

2009.6.26
テルモの英国子会社バスクテック社、英国女王賞受賞
 

テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:高橋 晃)の子会社であるバスクテック社(本社:スコットランド 英国)は、英国企業に与えられる最高の栄誉とされる「英国女王賞」のイノベーション部門賞を受賞しました。

バスクテック社は、英国スコットランドに本社を置き、人工血管の開発・製造・販売をおこなっています。2002年にテルモの子会社となり、テルモは心臓・血管領域事業に、新たに人工血管の事業を加えました。また、バスクテック社は、2007年にドイツのコーラー社より人工弁の事業を譲り受け、事業の拡大を行いました。現在、両社の独自技術を融合した生体弁付き人工血管「BioValsalva(バイオバルサルバ)」を欧州で販売しています。

今回の英国女王賞は、この生体弁付き人工血管「BioValsalva」の技術が評価されての受賞です。

英国女王賞は、毎年、英国のビジネス・産業界で功績をあげた企業に与えられる賞で、「イノベーション部門」「持続的発展部門」「貿易部門」の3部門で表彰されます。バスクテック社の受賞は、今年で7度目になります。テルモグループに加わってからは、昨年に引き続き2度目の受賞となります。

■バスクテック社の概要

  社  名: Vascutek Limited
  本  社: Newmains Avenue Inchinnan Renfrewshire, PA4 9RR, Scotland, UK
  事業内容: 人工血管の開発・製造・販売
  従業員数: 593名(2009年3月末)



欧州で販売されている生体弁付き人工血管「BioValsalva」

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.