文字サイズ

プレスリリース 2009年

2009.5.13
テルモと協和発酵キリンが共同開発
持続型赤血球造血刺激因子製剤「ネスプ®静注用プラシリンジ」
新発売のお知らせ
 

協和発酵キリン株式会社は、持続型赤血球造血刺激因子製剤「ネスプ®静注用シリンジ」※1をガラス製シリンジからプラスチック製シリンジに変更することにより機能性を向上させ、さらにより識別性の高いデザインに一新した「ネスプ®静注用プラシリンジ」※2(以下、ネスプ®プラシリンジ)を5月14日に発売します。これは、テルモ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:高橋 晃)との業務・資本提携にもとづき共同開発されたものです。

テルモは、「ネスプ®プラシリンジ」用に、医療現場の声をもとに専用シリンジを新たに開発しました。安全性と効率性を高めるため、通常の静脈注射に加え、透析回路にコネクタなしで接続できるような独自の先端形状にしました。

【参考:テルモのプレフィルドシリンジ事業】

テルモは、医療における安全性、効率性の追求とそれによる医療経済性の向上を目指して、1999年に国産初のプラスチック製プレフィルドシリンジを発売しました。この10年、薬剤の特性に適したプラスチック素材の開発、成形、量産化などの技術やノウハウを蓄積しながら事業を拡大してきました。これからも、医療現場でのニーズが高い治療薬などの商品開発に積極的に取り組み、医療へのさらなる貢献とともに事業の成長力、収益力を高めていきます。


※1 ネスプ®静注用10μgシリンジ
ネスプ®静注用15μgシリンジ
ネスプ®静注用20μgシリンジ
ネスプ®静注用30μgシリンジ
ネスプ®静注用40μgシリンジ
ネスプ®静注用60μgシリンジ
ネスプ®静注用120μgシリンジ
※2 ネスプ®静注用10μg/1mLプラシリンジ
ネスプ®静注用15μg/1mLプラシリンジ
ネスプ®静注用20μg/1mLプラシリンジ
ネスプ®静注用30μg/1mLプラシリンジ
ネスプ®静注用40μg/1mLプラシリンジ
ネスプ®静注用60μg/0.6mLプラシリンジ
ネスプ®静注用120μg/0.6mLプラシリンジ

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.