文字サイズ

プレスリリース 2009年

2009.2.5
テルモ株式会社と富士製薬工業株式会社の
業務提携の協議開始と資本提携について
 

テルモ株式会社
富士製薬工業株式会社

本日、テルモ株式会社(以下「テルモ」)と富士製薬工業株式会社(以下「富士製薬工業」)は、テルモの医療機器技術、富士製薬工業の医薬品生産等に関わる技術、また、それぞれの販売体制の強みを活かして、医薬品と医療機器の融合分野での提携に向けて、協議を進めていくことに合意しました。この一環として、中長期的な関係構築を目的に、テルモは富士製薬工業の一部株式を取得することとしました。

1. テルモによる富士製薬工業の一部株式取得の内容

取得目標株式 富士製薬工業株式643,500株
(発行済株式総数12,870,000株の5%)
取得方法 発行済みの株式を取得予定
取得予定時期 2009年12月末まで

2. 各社の概要

(1) テルモ株式会社

1) 主な事業内容 医療機器・医薬品などの製造・販売
2) 本社 東京都渋谷区幡ヶ谷二丁目44番1号
3) 代表者 代表取締役社長高橋晃
4) 資本金 387億円
5) 売上高 3,064億円(連結ベース、2008年3月期)

(2) 富士製薬工業株式会社

1) 主な事業内 医薬品の製造・販売
2) 本社 東京都千代田区紀尾井町3番19号
3 )代表者 代表取締役社長今井博文
4) 資本金 16億円
5) 売上高 149億円(2008年9月期)

3.今後の見通し

今回の一部株式の取得により、業務提携に関わる協議を一層進めてまいります。

なお、今期の両社の業績に与える影響は軽微です。また、来期以降につきましては、業務提携の具体的な進捗状況を鑑み、必要に応じてお知らせいたします。

テルモの開示資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、テルモの事業領域を取り巻く経済情勢、為替レートの変動、競争状況などがあります。


Copyright (C) TERUMO CORPORATION, All Rights Reserved.